仮想通貨の相場は大きく変動する場合がございます。また、レバレッジ取引を行う場合は投資額を上回る損失が生じる可能性がございます。

7月19日は18日の大きな反発を受けて、そこまで動きのない状態になっています。調子がいいのがEthereumです。朝方3万円近くまで戻しました。EEAにMastercardなど35社が参加したことが影響したのだと思います。

目次

  • 7月19日の状況
  • 不安な要素
  • また次回

7月19日の状況

7月19日はそこまで大きな動きはありません。18日が大きな反発だったので少し下げているのかな?と思っています。上昇に向かうかなと思っていたので少し不安になっていますが、たぶん大丈夫でしょう…。少なくとも21日までは上昇が続くと思っています。とりあえずビットコインが何事もなくSegWitがロックインされればいいなと思います。

Ethereumが高騰

19日はEthereumが高騰しました。今は落ち着いてしまっていますが、朝方2.9万円台まで戻っていました。たぶんEEAにMastercardやCiscoなど35社が参加したことが影響したのだと思います。EEAはEthereumの活用に取り組む企業連合です。日本からトヨタ自動車や三菱東京UFJ銀行が参加した際は話題になりました。Mastercardのようなクレジットカードの会社が参加するのは興味深いですね。

<h3Rippleを買い増し

Rippleを20.3円くらいで約1.5万円分買い増しました。不安な要素はいくつかありますが、今の価格は底に近く今後上がっていくだろうという判断です。

資産状況

資産状況

資産は13万円くらいです。微増って感じです。まだマイナスなので7月後半になるべく増やして8月に臨みたいです。

不安な要素

最近はビットコイン分裂のニュースが多くてアルトコインを調査できてないですが落ち着いたら再開します。18日は取引所が8月1日に取引停止するニュースが大きく報道されていましたね。Yahoo!のトップに出ていたのでビックリしました。私は分裂しないかなと思っているのであまり心配していません。分裂になってもアルトコインに流れるかなと思っています。ただ、影響は大きそうですね。パニック売りみたいなこともそうですし、何より仮想通貨投資をこれから始める方に影響がありそうです。まあでもこれから明るいニュースも増えそうなので大丈夫かな。

きちんと整理

Yahoo!のコメントなどを見ているといろいろ間違った内容もあったので整理しておきます。
・分裂の可能性がなければ取引停止は行われない
・分裂の可能性は現時点で高くない
・分裂してもビットコインが終わるわけではない
・取引停止はビットコインだけでアルトコインはできる

また次回

7月19日はEthereumの高騰が目立ちました。このまま順調に上昇していってほしいです。ではまた次回、楽しみにしていてください。

使っている取引所

当企画について
OL加奈の投資日記

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします

この記事を書いた人:OL加奈

OL加奈

ビットコインラボ編集部で働く加奈です。仮想通貨投資を2017年6月から開始し、運用状況を記事としてまとめています。

主要仮想通貨

国内人気取引所一覧