ビットコインラボ

仮想通貨の相場は大きく変動する場合がございます。また、レバレッジ取引を行う場合は投資額を上回る損失が生じる可能性がございます。

10月12日の仮想通貨相場は昨日とあまり変化ありません。ビットコインと主要なアルトコインは落ち着いた値動きです。そんな中、モナコイン(MONA)が高騰しています。何と1日で100円から300円になり3倍以上の価格上昇を記録しました。

目次

  • 10月12日の状況
  • モナコイン(MONA)価格が1日で3倍以上に
  • また次回

10月12日の状況


10月12日の仮想通貨相場は昨日とあまり変化ありません。ビットコインと主要なアルトコインは落ち着いた値動きです。上昇を続けていたビットコインは55万円前後、リップルは30円前後で一旦落ち着いた印象があります。そんな中、モナコイン(MONA)が高騰しています。Coincheckは取り扱いがありませんが、Zaif、bitbank.ccなどが取り扱っていて10月初めbitFlyerに上場しました。

モナコイン(MONA)価格が1日で3倍以上に


ZaifとbitFlyerのモナコイン価格のチャートです。Zaifでは一時350円、bitFlyerでは一時363円まで高騰しました。前日100円くらいだったので、1日だけで3倍以上の高騰です。全ての仮想通貨の中で一番の高騰を記録していて、仮想通貨全体の時価総額も50位くらいまでアップしています。きっかけはやはりbitFlyerに上場したことでしょうか。海外からの注目も高まったのかもしれません。

モナコインは急騰しやすい

モナコインは主要な仮想通貨に比べて取引量が小さいです。通常時はイーサリアムやリップルの1/1000程度しか取引量がありません。よって大きな買いが入ると急騰しやすい傾向があります。もちろん急落もしやすいです。時価総額上位の仮想通貨でもまだまだ取引量が小さくて価格が変動しやすいと言われていますが、モナコインのような時価総額50位~100位くらいの仮想通貨はより顕著で1日で100%くらい動くことも結構あります。

モナコインが他の仮想通貨と違うところ

モナコインは実利用があってコミュニティも活発です。たぶんモナコインほど活発な仮想通貨はないのではないでしょうか。毎日のように新しい仮想通貨が誕生していますが、モナコインのような基盤がしっかりした仮想通貨はなくなることがないと思います。

また次回

10月12日の仮想通貨相場は主要な銘柄にあまり動きがなく、モナコイン一色の1日でした。どこまで伸びるかはわかりませんが、急騰してすごく高値で取引されていることは間違いないので、高値掴みには注意してください。ではまた次回、楽しみにしていてください。
使っている取引所


当企画について

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします

この記事を書いた人:OL加奈

OL加奈

ビットコインラボ編集部で働く加奈です。仮想通貨投資を2017年6月から開始し、運用状況を記事としてまとめています。

主要仮想通貨

国内人気取引所一覧