仮想通貨の相場は大きく変動する場合がございます。また、レバレッジ取引を行う場合は投資額を上回る損失が生じる可能性がございます。

11月8日の仮想通貨相場は昨日とは一変。ビットコインとビットコインキャッシュ価格が回復して、アルトコイン価格はやや下落しています。昨日はビットコインとビットコインキャッシュが下落してアルトコインが上昇しましたが、やはりアルトコインのターンは来ていないようです。

目次

  • 11月8日の状況
  • coincheckに続き、bitbank.ccがSegWit2xへの対応を発表
  • 仮想通貨FXの状況
  • また次回

11月8日の状況

11月8日の仮想通貨相場はビットコインとビットコインキャッシュ価格が回復しています。ビットコインは83万円台、ビットコインキャッシュは7.2万円台です。アルトコイン価格はライトコインなど一部を除いてやや下落している種類が多いです。昨日はビットコインとビットコインキャッシュが下落してアルトコインが上昇しましたが、やはりアルトコインのターンは来ているとは言えないようです。

資産状況

資産は49.2万円くらいです。ビットコインとビットコインキャッシュ価格が回復したため、昨日より増えています。

coincheckに続き、bitbank.ccがSegWit2xへの対応を発表

SegWit2xのハードフォークが近づいてきていますが、先週のcoincheckに引き続きbitbank.ccが対応を発表しました。結論としては分岐が発生した場合、付与を行い新コインの売買と預入・引出の提供も行うということです。

また、SegWit2xのハードフォークは分岐を前提としない、リプレイ攻撃保護のないハードフォークなので、どちらを「BTC」とするかの対応は業界内でも分かれています。(アメリカのコインベースなどはハッシュパワーの多い方を正式なビットコインにすると発表)

bitbank.ccでは、お客様の混乱を最小限に抑えるため、当初において、Bitcoin Coreクライアントで稼働する元々のブロックチェーンを「BTC/Bitcoin」とし、SegWit2x HFの参照実装クライアントで稼働するブロックチェーンを「B2X/Bitcoin SegWit2x」と呼称することにしたようです。

この発表はビットコインにとってプラスになりそうです。後は他の取引所がどのような対応を取るかですね。

ビットバンクブログ|bitbank.cc

仮想通貨FXの状況


まだエントリーはできていませんが、GMOコインの一通りの機能を確認しました。注文タイプがいろいろありますが、IFD(イフダン)が使いやすそうだなと思っています。これは新規注文と決済注文を同時に出す注文方法です。注文の段階で利益確定や損切りの決済注文もできるので、ずっとチャートと睨めっこする必要がありません。ただ、デメリットもあって利益確定と損切りのどちらかしか選べません。私は損失が拡大するのが嫌なので、あらかじめ損切りの決済注文をIFDで入れておき利益確定は手動でやりたいと思っています。

チャートも見やすいです。チェックボックスでテクニカル指標が簡単に表示・非表示にできます。テクニカル指標は全然わかっていませんが、勉強しながらやっていきたいと思います。

仮想通貨FXで使っている取引所

また次回

11月8日の仮想通貨相場はビットコインとビットコインキャッシュ価格が回復して、アルトコインは一部を除いてやや下落しています。bitbank.ccがcoincheckに続いてSegWit2xへの対応を発表したので、そろそろ各社の対応が出揃ってきそうです。ではまた次回、楽しみにしていてください。

使っている取引所

当企画について

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします

この記事を書いた人:OL加奈

OL加奈

ビットコインラボ編集部で働く加奈です。仮想通貨投資を2017年6月から開始し、運用状況を記事としてまとめています。

主要仮想通貨

国内人気取引所一覧