仮想通貨の相場は大きく変動する場合がございます。また、レバレッジ取引を行う場合は投資額を上回る損失が生じる可能性がございます。

2017年12月5日、モナコイン(MONA)価格が1,000円を突破しました。連日高騰していましたが遂に大台を突破し、現在も1,000円を割ることなく取引されています。

目次

  • モナコイン(MONA)価格が1,000円を突破
  • モナコイン、2017年の主な価格推移
  • モナコインを扱う取引所
  • モナコインの今後に注目

モナコイン(MONA)価格が1,000円を突破

2017年12月5日、モナコイン(MONA)価格が1,000円を突破しました。2017年初の価格は3円程だったので、300倍以上価格上昇していることになります。仮想通貨は1,000種類以上ありますが、ここまで高騰した種類は少ないです。現在も1,000円を割ることなく取引されています。

高騰の要因は?

モナコインの最近の高騰はbitFlyer USAへの上場期待が大きいと言われていましたが、bitFlyer USAのリリースにおいてモナコイン取り扱いの記載はありませんでした。これによって一時的に価格は下落しますが、再び上昇基調になり1,000円を突破した形になります。決め手となるような材料はないものの、日本人投資家の増加、COMSAによるZaif利用者の増加などが影響しているのかもしれません。

モナコイン、2017年の主な価格推移


モナコインは2017年初、約3円からスタートしました。2017年前半の大きな出来事としては、SegWit導入、半減期が挙げられます。これにより価格は100円に迫る上昇を見せました。2017年後半はbitFlyerへの上場が最大のニュースではないでしょうか。10月に上場しましたが、価格は500円を超えました。そして今回はbitFlyer USAへの上場期待やその他海外取引所への上場期待から価格が高騰し、1,000円の節目を超えています。

時価総額は20位台に

価格高騰の結果、時価総額は約600億円まで拡大し、27位まで上昇しています。BitShares、Augur、Steemなどの時価総額を超えています。

モナコインを扱う取引所

モナコインはZaif、bitFlyerなどの国内取引所で取引可能です。Zaifは板方式でモナコイン取引ができ、手数料も0%~0.1%なので低コストで取引ができます。bitFlyerは販売所でのみ取り扱いをしています。スプレッドがやや大きいですが、大口取引をしたい場合には向いているでしょう。
Zaifの詳細はこちら

bitFlyerの詳細はこちら

モナコインの今後に注目

モナコイン価格が1,000円を突破しました。年初から300倍以上の高騰を見せており、数ある仮想通貨の中でも一際目立つ存在になっています。現在は日本円での取引が大半を占めていますが、今後海外取引所での扱いが開始されれば、さらに飛躍する可能性もありそうです。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします

この記事を書いた人:編集部

編集部

ビットコインラボ編集部です。国内・海外における仮想通貨・ブロックチェーンの最新情報をお届けします。

主要仮想通貨

国内人気取引所一覧