仮想通貨の相場は大きく変動する場合がございます。また、レバレッジ取引を行う場合は投資額を上回る損失が生じる可能性がございます。

2017年10月12日、ビットコインが過去最高価格を更新しました。日本円価格で58万円近くまで高騰し、ドル価格は5,000ドルを突破し5,200ドル程まで高騰しました。要因はさまざま考えられますが、ビットコインゴールドやSegWit2xの影響が大きいのではないでしょうか。

目次

  • ビットコインが過去最高価格を更新
  • ビットコイン過去最高価格更新の要因は?
  • アルトコインの状況
  • 今後のビットコイン価格に注目

ビットコインが過去最高価格を更新


2017年10月12日、ビットコインが過去最高価格を更新しました。日本円価格で58万円近くまで高騰し、ドル価格は5,000ドルを突破し5,200ドル程まで高騰しました。現在も激しい値動きが続いており、60万円も視界に捉えています。前回過去最高価格を記録したのが9月2日でしたが、これまでの2ヶ月周期と違い、約1ヶ月で過去最高価格を更新したことになります。

ビットコイン過去最高価格更新の要因は?


要因はさまざまなところに求めることができますが、単純に考えると買われているからです。ビットコインが買われている一番の要因はビットコインゴールドやSegWit2xのハードフォークではないでしょうか。やはりビットコインキャッシュによる成功体験があること、次はその成功に乗りたい投資家が多いと考えられます。

その他のファンダメンタルズ的要因

他にも中国のICO禁止による混乱が落ち着き規制は一時的である可能性が高まっていることや、ゴールドマンサックスが仮想通貨取引に関心を持つなど機関投資家の参入が増加していることも影響しているかもしれません。

アルトコインの状況


12日はモナコインが高騰しているものの、主要なアルトコインに目立った動きはありません。これまでビットコイン高騰後にアルトコインが続く展開が見られましたが、今回はどうなるのでしょうか。ビットコインゴールドのハードフォークが予定されている10月25日まではビットコインに資金が集中しそうな印象があります。また、その後はSegWit2Xのハードフォークがある予定です。11月中旬頃に実行されそうですが、その状況によってはアルトコインに関心が向くまでに時間が掛かる可能性もありそうです。

今後のビットコイン価格に注目

ビットコインが約1ヶ月前に記録した過去最高価格を更新しました。仮にビットコインゴールドやSegWit2xの需要で価格が伸びているとすると、まだ期限まで時間があり、更に上昇する可能性もありそうです。ただ、ビットコインゴールドに関しては、主要な取引所が対応しない可能性も高く付与を受けるには海外のマイナー取引所を利用しなければならない可能性があります。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします

この記事を書いた人:編集部

編集部

ビットコインラボ編集部です。国内・海外における仮想通貨・ブロックチェーンの最新情報をお届けします。

主要仮想通貨

国内人気取引所一覧