仮想通貨の相場は大きく変動する場合がございます。また、レバレッジ取引を行う場合は投資額を上回る損失が生じる可能性がございます。

10月25日にビットコインゴールド、11月19日にSegWit2xのハードフォークが予定されています。本来であればあまりプラスの出来事ではないですが、前回ビットコインキャッシュのハードフォークの成功体験から、ビットコイン価格は上昇しています。そしてビットコインだけでなく、アルトコインの動きにも注目です。

目次

  • ビットコインのハードフォーク
  • ビットコインの需要は更に高まるか
  • アルトコイン価格は下落する可能性
  • ハードフォーク前がアルトコイン価格の底とは限らない

ビットコインのハードフォーク


10月25日にビットコインゴールド、11月19日にSegWit2xのハードフォークが予定されています。ビットコインゴールドとSegWit2xでは状況が全く異なり、あまりプラスの出来事とは思えませんが、相場は付与への期待からか上昇しています。8月に起きたビットコインキャッシュのハードフォークでは、ビットコイン、ビットコインキャッシュともに相場が上昇した成功体験があるため、今回は期待が先行して上昇している感があります。

ビットコインの需要は更に高まるか


ハードフォークへの期待からビットコインが買われているのであれば、10月25日、11月19日が近づくにつれビットコインの需要は更に高まっていくでしょう。近いうちに再び最高価格を更新し、70万円・80万円へ高騰していく可能性もあります。ただ、ビットコインキャッシュの時ほど話題にはされておらず、前回のようになるかはわかりません。

アルトコイン価格は下落する可能性


ハードフォークによりビットコインが更に価格上昇していくとすると、アルトコイン価格は下落する可能性が高いです。おそらく一極集中になるでしょう。ビットコインキャッシュの時もそうでした。ただ、ハードフォーク後はアルトコイン価格も上昇し、過去最高価格を更新した種類も多く出ました。つまり、ビットコインのハードフォーク前はアルトコイン購入のチャンスとも捉えることができそうです。

前回高騰したアルトコイン

ビットコインキャッシュ誕生後に高騰したアルトコインは、NEO、OmiseGO、IOTAなど比較的新しく誕生したアルトコインでした。その後、ライトコイン、DASH、Monero、LISKなど主要なアルトコインが上昇していきました。

ハードフォーク前がアルトコイン価格の底とは限らない

ビットコインキャッシュの事例に学ぶなら、ハードフォーク前にアルトコインを購入することは良い投資戦略と言えるかもしれません。しかし、ハードフォーク前がアルトコイン価格の底とは限らず十分な検討が必要になります。また、アルトコインの種類は日々増加しており、ビットコインゴールドなども登場する予定のため、主要なアルトコインが一斉に上昇するような状況にはならないかもしれません。
アルトコイン取引に適した取引所

coincheck(コインチェック)は国内最多12種類のアルトコインを扱う大手取引所です。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします

この記事を書いた人:編集部

編集部

ビットコインラボ編集部です。国内・海外における仮想通貨・ブロックチェーンの最新情報をお届けします。

主要仮想通貨

国内人気取引所一覧