仮想通貨の相場は大きく変動する場合がございます。また、レバレッジ取引を行う場合は投資額を上回る損失が生じる可能性がございます。

ビットコインは2017年から価格上昇が続いています。11月には85万円を突破するなど、年内100万円も現実的になってきました。そこで再び指摘され始めているのがビットコインバブルです。以前からバブル論争は活発ですが、またビットコインは懐疑派を跳ね返すのでしょうか。

目次

  • 2017年初から8倍に成長したビットコイン
  • 再び指摘され始めているビットコインバブル
  • バブルかはわからない、懐疑派を跳ね返し続けるビットコイン

2017年初から8倍に成長したビットコイン


ビットコインは2017年から価格上昇が続いています。年初10万円程だった価格は11月には85万円を突破。実に年初来8倍の価格上昇を記録しています。時価総額も10兆円を超え、NTTやソフトバンクと変わらない規模になっています。

価格上昇の要因はさまざまなありますが、単純化すれば需要が拡大しているためです。日本では改正資金決済法が施行され、仮想通貨投資家が急増しましたし、世界的にも投資家が増え続けています。そして個人投資家だけでなく、今後は機関投資家が本格的に参入してくると言われています。CMEにビットコイン先物が上場する予定などもあり、この流れは間違いないでしょう。

再び指摘され始めているビットコインバブル

価格上昇が続くと必ず出てくるのが、バブルという指摘です。ビットコインに関しては数年前から言われていることですが、2017年は例年よりも値上がりしており、バブルの指摘が多いように感じます。バブルと指摘する層が明確な根拠を示すことは少ないですが、売買の目的が投機のみであり、そうした投機には必ず終焉が来るといった論調が多いです。

投機目的は多いが

ビットコインは投機と言われますが、確かにそれを否定することは難しいです。実際投機目的の投資家は多いです。ただ、これは株式も為替も大差はなく、投機にしてはまだ市場規模も小さいことからバブルという指摘は何とも言えない部分があります。

ビットコインの価値

法定通貨は中央銀行の権威に裏付けられ、多くの人が価値があると信じています。金は美しさや希少性に裏付けられ、貨幣または貴金属として価値があると認められ続けてきた歴史があります。ではビットコインはどうでしょうか。さまざまな議論があるかと思いますが、権威に裏付けられていないこと、金のような希少性があることは大きいでしょう。特に権威に裏付けられていない点は重要であり、権威よりも人々のコンセンサスを裏付けとしている点を評価している方が増えていると考えることもできそうです。

バブルかはわからない、懐疑派を跳ね返し続けるビットコイン

ビットコインがバブルかどうかはわかりません。これまでもバブルの指摘は多かったですが、何度も懐疑派の主張を跳ね返してきました。機関投資家の参入など市場環境から考えると、今回もバブルの論調を跳ね返しそうな印象です。どうなるかわかりませんが、これまで個人投資家が中心だったビットコイン市場は2018年になり潮目が変わる可能性は高そうです。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします

この記事を書いた人:編集部

編集部

ビットコインラボ編集部です。国内・海外における仮想通貨・ブロックチェーンの最新情報をお届けします。

主要仮想通貨

国内人気取引所一覧