仮想通貨の相場は大きく変動する場合がございます。また、レバレッジ取引を行う場合は投資額を上回る損失が生じる可能性がございます。

2018年に入り下落トレンドだった仮想通貨相場は、回復の兆しを見せています。アルトコイン中心に相場が上昇していますが、中でも高い回復率となっているのがNEM(XEM)です。価格が1週間で約2倍になりました。ピーク時の価格からすると、まだ上昇余地は大きいと言えるかもしれません。

目次

  • 2018年のNEM(XEM)相場
  • 今後のNEM相場展望
  • 今後のNEM相場に注目

2018年のNEM(XEM)相場

NEMは2018年初に約250円の過去最高価格を記録後、下落トレンドとなっていました。もちろん、NEMに限らず他の仮想通貨も総じて下落していますが、コインチェックの不正流出事件の影響もあり、下落率は他の仮想通貨よりも高くなっていました。価格は一時20円まで下落しているため、ピーク時の10分の1以下になってしまったことになります。

40円まで回復

先週末から仮想通貨相場は回復基調になっており、4月18日は全面高の展開になっています。NEM価格は40円台まで回復しており、1週間で約2倍になりました。他の仮想通貨よりも下落率が高かったため、上昇率も高くなっています。ただ、まだピーク時の6分の1程度なので、上昇余地は高いと言えそうです。

今後のNEM相場展望

仮想通貨相場は回復基調にあり、アルトコインが相場を牽引していることから、NEMも上昇する可能性はありそうです。今後NEM相場を展望する上で、コインチェックの全サービス再開は大きな転換点になるかもしれません。単純に取引量が増加することもありますが、コインチェックで不正流出した仮想通貨はNEMで最も影響を受けたこともあり、営業再開による影響もNEMが最も受けるのではないでしょうか。また、以前から期待されているカタパルトの実装が実現されれば、好材料となることは間違いないでしょう。

新規上場の可能性も高いか

NEMは国内取引所において、コインチェック以外だとZaifやDMM Bitcoinくらいしか取り扱いがなく、その他取引所へ上場する可能性も高いように思います。日本の取引所が新規仮想通貨を取り扱うことはハードルが高く、既に他社で取り扱いのある仮想通貨から対応するのが自然です。また、海外取引所の取り扱いも決して多いとは言えないので、新規上場のニュースは今後出る可能性はありそうです。

今後のNEM相場に注目

コインチェックの不正流出事件などもあり、NEMは他の仮想通貨よりも下落率が高くなっていましたが、相場が好転してからはひと際高い回復率を見せています。今後のNEM相場に注目しましょう。

NEMを扱う主な取引所

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします

この記事を書いた人:編集部

編集部

ビットコインラボ編集部です。国内・海外における仮想通貨・ブロックチェーンの最新情報をお届けします。

主要仮想通貨

国内人気取引所一覧