仮想通貨の相場は大きく変動する場合がございます。また、レバレッジ取引を行う場合は投資額を上回る損失が生じる可能性がございます。

4月18日にネム(NEM)/XEM価格が急騰していることを紹介しましたが、26日に1XEMあたり5円台を突破し、勢いが収まる気配がありません。以前はZaifのみの取り扱いでしたが、coincheckも取扱を開始し、さらに売買しやすい環境となっています。

目次

  • 2017年、ネム(NEM)/XEM価格が急騰
  • ネム(NEM)/XEMが5円台を突破
  • ネム(NEM)/XEMの特徴
  • Zaifだけでなくcoincheckも取扱を開始
  • ネム(NEM)/XEMの相場から目が離せない

2017年、ネム(NEM)/XEM価格が急騰

ネム(NEM)/XEM価格が急騰中。2017年で約8倍に


4月18日にネム(NEM)/XEM価格が急騰していることを紹介しました。2017年は1XEM0.4円からスタートしましたが、3円台に上昇し、わずか3ヶ月程度で7倍~8倍になっています。2017年に入り、アルトコインは総じて上昇していますが、ネムの価格上昇率は群を抜いていて一際注目されていることがわかります。ビットコインの不安材料が多いためアルトコインが買われている傾向がありますが、ネム自体も非常に評価されていると言えるでしょう。

ネム(NEM)/XEMが5円台を突破


そして26日には5円台を突破しました。18日に3円を超えたことを考えると、わずか10日前後で2円も上昇したことになります。26日は最高値が5.17円となりました。一旦4円後半で落ち着きましたが、27日に6円台を記録しています。おそらく4円~6円を行き来し、更なる価格上昇へ向かっていくのではないでしょうか。

ネム(NEM)/XEMの特徴

ネム(NEM)は2015年に公開された仮想通貨です。通貨単位がXEMとなります。NEMはNew Economy Movementの略称で新しい経済圏の創出を目標にスタートしたプロジェクトになります。時価総額は6位~8位につけていることが多いですが、5位のDASHとそこまで差はなく、このまま価格上昇が続けばトップ5入りも現実になってくるでしょう。

ネムはProof of Importance(PoI)というアルゴリズムが特徴です。PoIは残高・取引回数・取引量などの総合的な指標からスコアリング化され、取引の承認を行います。Proof of WorkやProof of Stakeに比べて資金力によって差が出ない公平な仕組みと言われています。また、セキュリティの高さや独自トークンの発行ができる点なども特徴です。

Zaifだけでなくcoincheckも取扱を開始


ネムは国内の取引所ではZaifとcoincheckが扱っています。coincheckは4月から取扱を始めています。画像はZaifにおけるネムの取引画面です。日本円とビットコインで売買が可能になっています。どちらかを選択し画面に遷移したら、1XEMあたりの価格と数量を入力して売買することができます。
Zaif公式サイト

coincheckでネムの売買


一方のcoincheckは「コインを買う」「コインを売る」から売買ができます。たくさんの通貨が表示されていますが、「NEM」を選択し数量を入力して売買します。レートは一定時間で切り替わるようになっています。
coincheck公式サイト

ネム(NEM)/XEMの相場から目が離せない

ネムは5円台に突入し、今後も価格上昇する気配を見せています。3ヶ月~4ヶ月で10倍以上の価格になっていることになり、ちょっと考えられないような上昇率です。アルトコインはこうした爆発力のある点が魅力的ですが、変動が激しく高値掴みしてしまったり損切りのタイミングを逸してしまったりすることも多いです。投資をする際はリスクも頭に入れた上で行ってください。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします

この記事を書いた人:編集部

編集部

ビットコインラボ編集部です。国内・海外における仮想通貨・ブロックチェーンの最新情報をお届けします。

主要仮想通貨

国内人気取引所一覧