仮想通貨の相場は大きく変動する場合がございます。また、レバレッジ取引を行う場合は投資額を上回る損失が生じる可能性がございます。

ネム(NEM)/XEM価格の上昇が止まりません。5月7日に1XEM10円を突破すると、8日に15円台をつけ20円も射程圏内に捉えています。2017年当初、1XEM0.4円だったことを考えると30倍以上の伸びを記録しており、とんでもない勢いだとわかります。時価総額もDASHを抜き5位に浮上しました。

目次

  • ネム(NEM)/XEM価格が10円を突破
  • ネム(NEM)/XEM価格上昇の理由
  • ネム(NEM)/XEMを売買できる取引所
  • ネム(NEM)/XEMの勢いはどこまで続くか

ネム(NEM)/XEM価格が10円を突破

ネム(NEM)/XEM価格の上昇が止まりません。5月7日に1XEM10円を突破すると、8日に14円台をつけ20円も射程圏内に捉えています。数日で倍になっており、20円も射程圏内と言える勢いです。ビットコインラボでは何回かネム価格について紹介していますが、4月18日に紹介した時点では3円、4月28日に紹介した時点では5円でした。2017年当初、1XEM0.4円だったことを考えると30倍以上の伸びを記録していることになります。

時価総額5位に浮上

この価格上昇の結果、イーサリアムクラシックとDASHを抜き時価総額も5位に浮上しました。4位のライトコインも射程圏内と言える価格差です。リップルにはしばらく届きそうにないですが、この価格を維持すれば5位以内に定着するでしょう。

ネム(NEM)/XEM価格上昇の理由

ネムがここまで急上昇することを予想していた方は少ないでしょう。事実少し前までは、年内に10円と言われていました。価格上昇の理由はいくつか考えられますが、正直期待が先行している印象もあります。まず考えられるのがcoincheckへの上場です。国内ではZaifしか取り扱いがありませんでしたが、4月にcoincheckも取り扱いを開始しました。また、ロシアやシンガポールの取引所に上場する噂もあります。後はCatapult(カタパルト)のリリースを控えていることが挙げられます。Catapultは一般的なクラウドサーバー上にて秒間3,000トランザクション以上を処理できる高性能ブロックチェーンコアです。リリースが決定すれば更に動きを見せる可能性もあり、まだまだ安値という見方もできます。

ネム(NEM)/XEMを売買できる取引所

ネムの売買ができる取引所は国内に2社あります。大手取引所のZaifとcoincheckです。画像はZaifのネム売買画面です。日本円とビットコインでの売買ができます。売買したい数量と価格を入力し、任意でリミット価格を設定することが可能です。リミットは現在価格よりも有利な価格を設定し、価格に到達したら自動的に売買される注文方法です。相場をチェックすることなく、利確ができます。

Zaifの詳細はこちら

coincheckは簡単売買が特徴


ネムはcoincheckで売買も可能です。「コインを買う」「コインを売る」からネム(NEM)を選択し、売買したい数量を入力してください。価格は相場にあわせ自動的に表示されます。

coincheckの詳細はこちら

ネム(NEM)/XEMの勢いはどこまで続くか

驚異的な価格上昇を記録しているネムですが、現在のところ勢いが衰える気配はありません。次は20円がターゲットになりますが、この勢いだと到達する日は案外近いのではと感じてしまいます。ただし価格はどうなるかわかりません。一気に下落する可能性もあります。投資をする際はリスクも考えて行いましょう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします

この記事を書いた人:編集部

編集部

ビットコインラボ編集部です。国内・海外における仮想通貨・ブロックチェーンの最新情報をお届けします。

主要仮想通貨

国内人気取引所一覧