仮想通貨の相場は大きく変動する場合がございます。また、レバレッジ取引を行う場合は投資額を上回る損失が生じる可能性がございます。

SBIバーチャル・カレンシーズの公式サイトがオープンしました。まだ情報はほとんど入っていないですが、サービス開始が近いことがうかがえます。ビットコインとイーサリアムの他、注目度の高いリップルも取り扱い予定です。

目次

  • SBIバーチャル・カレンシーズの公式サイトが公開
  • SBI参入の衝撃
  • SBIバーチャル・カレンシーズはリップルも取扱予定
  • SBIバーチャル・カレンシーズのサービス内容に注目

SBIバーチャル・カレンシーズの公式サイトが公開

SBIバーチャル・カレンシーズの公式サイトが公開されました。SBIホールディングス株式会社は2016年10月に仮想通貨取引業に参入することを発表し、SBIバーチャル・カレンシーズを設立しました。公式サイトがオープンしたことで、サービス開始は間近と考えることができます。まだ情報はほとんどアップされていませんが、今後充実していくものと思われます。

公式サイト

SBI参入の衝撃

SBIグループは巨大な金融企業です。オンライン総合証券のSBI証券、銀行業の住信SBIネット銀行、損害保険業のSBI損害保険、FXのSBI FXトレードなど50程の会社が名を連ねています。中でも仮想通貨と関連が強いのが、SBI証券とSBI FXトレードです。SBI証券は約325万口座、SBI FXトレードは約17万口座を抱えており、一定数の顧客は仮想通貨にも関心を持ち取引を始めるでしょう。

グループの総合力に期待

SBIバーチャル・カレンシーズがどのような役割を担うのかはまだわかりませんが、SBIバーチャル・カレンシーズは取引所業務に特化させ、グループ会社であるSBI証券やSBI FXトレードがブローカー業務を担うことが考えられます。リリースの中でも、「SBIグループ各社向けに仮想通貨の交換および取引サービスを提供する」と書いています。

SBIグループはほぼ全ての金融事業を行い、長年事業を継続している実績があります。仮想通貨取引所の課題とも言えるセキュリティや信頼性といった面で優位性があることは間違いありません。また、住信SBIネット銀行は多くの仮想通貨取引所で利用できますが、SBI同士なら手数料は無料の可能性が高いでしょうし、即時反映もされるでしょう。

SBIバーチャル・カレンシーズはリップルも取扱予定

リップルの公式サイトでは、SBIバーチャル・カレンシーズがリップルを取り扱い予定と表示されています。SBIバーチャル・カレンシーズ公式サイトのmetaタグにもリップルの記載があることから、取り扱う可能性は高そうです。SBIグループはSBI Ripple Asia株式会社を通じてRipple Solutionの提供を行っており、元々結びつきが強いです。リップル価格高騰の背景にはSBIへの期待もあるかもしれません。リップル以外にはビットコインとイーサリアムを取り扱う予定のようです。

現在リップルの売買が可能な取引所はcoincheckとbitbank.cc

現在、国内の取引所でリップルの売買が可能なのはcoincheckとbitbank.ccです。coincheckは国内大手の取引所で、リップル以外にも多様な仮想通貨を売買できます。その数は12種類です。bitbank.ccも5種類の仮想通貨を売買できます。

coincheckの詳細はこちら

bitbank.ccの詳細はこちら

SBIバーチャル・カレンシーズのサービス内容に注目

SBIバーチャル・カレンシーズの公式サイトがオープンし、サービス開始間近とみられます。GMOグループのGMO-Z.comコインは5月24日からサービス開始となっていますが、金融の巨人とFXの巨人が参入することで、仮想通貨業界は大きく変化しそうです。SBIバーチャル・カレンシーズがどんなサービス内容で参入してくるのか注目です。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします

この記事を書いた人:編集部

編集部

ビットコインラボ編集部です。国内・海外における仮想通貨・ブロックチェーンの最新情報をお届けします。

主要仮想通貨

国内人気取引所一覧