ニュース

ビットコインに関するニュースを紹介しています。ビットコインの最新情報を入手するのにお役立てください。

ニュースに関連するキーワード

メガバンク アンケート調査
>>ニュースに関連するキーワード一覧

ニュースのコラム一覧

NTTデータなど14社がブロックチェーン活用のコンソーシアムを発足

NTTデータなど14社がブロックチェーン活用のコンソーシアムを発足

8月15日、NTTデータは「ブロックチェーン技術を活用した貿易情報連携基盤実現に向けたコンソーシアム」を8月30日に発足すると発表しました。企業をまたいだ貿易事務にブロックチェーンを適用することで、効率化を目指す試みです。


眼鏡専門店のオンデーズがビットコイン決済を導入

眼鏡専門店のオンデーズがビットコイン決済を導入

眼鏡専門店のオンデーズが9月からビットコイン決済を導入すると日本経済新聞が報道しました。オンラインショップとインバウンド需要が多い秋葉原や池袋、大阪など4店舗で先行導入するようです。2018年度中に国内の全120店に広げる計画だといいます。


チケットキャンプがビットコイン決済に対応

チケットキャンプがビットコイン決済に対応

チケットキャンプは2017年8月17日(木)よりビットコイン決済を導入することを発表しました。チケットキャンプはミクシィグループの株式会社フンザが運営するチケット売買サイトです。利用者数は500万人を超えています。


イーサリアム企業連合(EEA)に複数の法律事務所が参加

イーサリアム企業連合(EEA)に複数の法律事務所が参加

世界中の名立たる大企業が参加するEnterprise Ethereum Alliance(EEA/イーサリアム企業連合)に複数の法律事務所と学術機関が参加することがわかりました。仮想通貨は法的な面での整備が追いついていない状況だけに、今回の参加には意義がありそうです。


ビットコインが宇宙に?Blockstream社のプロジェクトに注目が集まる

ビットコインが宇宙に?Blockstream社のプロジェクトに注目が集まる

Blockstream(ブロックストリーム)社のプロジェクトが話題になっています。ビットコインはインターネットを通じて取引が可能なわけですが、世界にはインターネットにアクセスできない人々がたくさんいます。Blockstreamはビットコインのデジタル台帳に衛星信号経由でアクセスできるようにする計画を立てています。


Coinbase(コインベース)が仮想通貨業界初のユニコーン企業に。

Coinbase(コインベース)が仮想通貨業界初のユニコーン企業に。

Coinbase(コインベース)はアメリカに本社を置く仮想通貨取引所やウォレットサービスを展開する企業です。仮想通貨業界を代表するスタートアップ企業として知られていますが、新たに1億ドルを調達し企業価値が16億ドルとなり、ユニコーン企業になったとForbesJAPANが報道しました。


ぐるなびPOS+、Table Top Orderの販売を開始

ぐるなびPOS+、Table Top Orderの販売を開始

株式会社ぐるなびは、飲食店で顧客自身で注文できるセルフオーダーシステム「ぐるなびPOS+ Table Top Order(ぐるなびポスタス テーブルトップオーダー)」を2017年8月8日から販売開始しました。「ぐるなびPOS+」と連携する「ぐるなびPay」ではビットコイン決済への対応も予定されています。


UNICEF(ユニセフ)がイーサリアム活用へ向け実験

UNICEF(ユニセフ)がイーサリアム活用へ向け実験

UNICEF(ユニセフ)関連のUNICEF Venturesは、仮想通貨イーサリアムのスマートコントラクトを活用し、資金移動に関する実験を行うことを発表しました。寄付においては、自身の寄付金がどのように使われているのか不透明な部分がありますが、全ての活動を見ることができるようになり、透明性の高い運用が期待できます。


イーサリアムを用いたクラウドファンディングサイト「REAL BOOST」が受援者募集を開始

イーサリアムを用いたクラウドファンディングサイト「REAL BOOST」が受援者募集を開始

今秋オープンする決済方法に暗号通貨イーサリアムを採用した独自のクラウドファンディングサイト「REAL BOOST」を運営するbacoor株式会社は、「REAL BOOST」の受援者募集を開始したことを発表しました。受援者とは「REAL BOOST」を用いて支援を受ける人のことです。


NTVP、フィスコ、ABBALabのファンドがXEMやCOMSAトークンに直接投資

NTVP、フィスコ、ABBALabのファンドがXEMやCOMSAトークンに直接投資

NTVP、フィスコ、ABBALabの3社は、ビットコインやXEM(NEM)といった仮想通貨に加え、テックビューロとそのICO顧客が「COMSA」ソリューションを用いて発行するトークンに対しても直接投資を開始することを発表しました。


旺方トレーディングがビットコイン決済システムを導入。BtoBでも普及するか

旺方トレーディングがビットコイン決済システムを導入。BtoBでも普及するか

中古農機具輸出の旺方トレーディングは、海外のバイヤーとの決済にビットコインを導入すると日本経済新聞が報道しました。村式が開発した仮想通貨の取引システム「&go(アンドゴー)」を活用するようです。BtoBでの導入は珍しく、注目が集まります。


Wikileaks(ウィキリークス)がZcashの受け入れを開始。

Wikileaks(ウィキリークス)がZcashの受け入れを開始。

匿名により政府、企業などに関する機密情報を公開するウェブサイトであるWikileaks(ウィキリークス)が、Zcashの寄付受け入れに対応したとcoindeskが報じました。ビットコイン、ライトコインに次ぐ支払いオプションになります。


テックビューロの「COMSA」、初日で登録者が1万人を突破

テックビューロの「COMSA」、初日で登録者が1万人を突破

2017年8月3日、テックビューロ株式会社はICOプラットフォーム「COMSA」を発表しました。大きな話題を集めましたが、初日でICOダッシュボード登録者が12,000人以上、COMSAホワイトペーパーのダウンロード数が7,000件以上にのぼったことがわかりました。


シンガポール、証券に近いトークンのICOを規制へ

シンガポール、証券に近いトークンのICOを規制へ

シンガポールの中央銀行である金融管理局(MAS)は、証券先物法の対象になりえるトークンの販売を規制していくことを発表しました。先日、米SECがThe DAOを金融商品であり規制対象になる可能性があると発表しましたが、各国において一定の規制が入るようになってきています。


丸井グループがビットコイン決済を試験導入(新宿マルイ アネックス)

丸井グループがビットコイン決済を試験導入(新宿マルイ アネックス)

丸井グループがビットコイン決済を試験導入することを発表しました。新宿マルイ アネックスで8月7日(月)から開始されます。国内大手取引所であるbitFlyerが決済サービスを提供します。なお導入に際してキャンペーンも実施される予定です。


テックビューロがICOプラットフォーム「COMSA」を発表

テックビューロがICOプラットフォーム「COMSA」を発表

仮想通貨取引所Zaifを運営するテックビューロ株式会社がICOプラットフォーム「COMSA」を発表しました。ICO第1号案件としてテックビューロの「COMSA」、第2号案件として東証二部上場の「株式会社プレミアムウォーターホールディングス」、第3号案件として「株式会社CAMPFIRE」が予定されています。


mijin®ブロックチェーンが中部電力とセイノー(西濃運輸)に採用。

mijin®ブロックチェーンが中部電力とセイノー(西濃運輸)に採用。

仮想通貨取引所Zaifを運営するテックビューロ株式会社は、mijin®ブロックチェーンが中部電力とセイノー(西濃運輸)に採用されたことを発表しました。mijin®は国際的なブロックチェーンプロジェクトであるNEM(ネム)のコア開発チームがテックビューロに合流し開発されたプライベートブロックチェーンです。


NHK「クローズアップ現代」で仮想通貨(ビットコイン)特集。内容は?

NHK「クローズアップ現代」で仮想通貨(ビットコイン)特集。内容は?

7月31日、NHK「クローズアップ現代」で仮想通貨(ビットコイン)の特集が放送されました。「仮想通貨バブル」という大きなテーマの中で、値上がりしている理由や増加するトラブル、ビットコインの分裂など幅広い話題を扱った内容でした。


セレスがプリペイド式携帯電話へチャージ可能なビットコイン海外送金サービスを開始

セレスがプリペイド式携帯電話へチャージ可能なビットコイン海外送金サービスを開始

セレスは世界137ヶ国のプリペイド式携帯電話へチャージ可能なビットコイン海外送金サービス「Sobit」の提供を開始しました。Sobitは東京大学発のベンチャー企業である合同会社ジャノムと共同開発されています。仮想通貨ビットコインを使って海外の通信会社が運営するプリペイド式携帯電話へ入金(チャージ)ができます。


ビットコインオプション取引所が誕生。米国商品先物取引委員会(CFTC)が承認

ビットコインオプション取引所が誕生。米国商品先物取引委員会(CFTC)が承認

仮想通貨取引プラットフォーム運営するLedgerXは仮想通貨のデリバティブ(金融派生商品)取引・決済機関として、米商品先物取引委員会(CFTC)から承認を得たとBloombergが報道しました。10月頃にビットコインオプション取引所が誕生することになります。