仮想通貨の相場は大きく変動する場合がございます。また、レバレッジ取引を行う場合は投資額を上回る損失が生じる可能性がございます。

株式会社セゾン情報システムズは、ブロックチェーン技術を活用した独自の社内仮想通貨およびこれを利用するスマートフォンアプリを開発し、2017年12月11日より社内での試験運用を開始したことを発表しました。

目次

  • セゾン情報システムズ、ブロックチェーン技術を利用した社内仮想通貨を利用開始
  • 今後の展開
  • 意外に多い社内仮想通貨の導入事例

セゾン情報システムズ、ブロックチェーン技術を利用した社内仮想通貨を利用開始


株式会社セゾン情報システムズは、ブロックチェーン技術を活用した独自の社内仮想通貨およびこれを利用するスマートフォンアプリを開発し、2017年12月11日より社内での試験運用を開始したことを発表しました。まずは社内カフェにて運用が開始されます。

開発の背景や目的

セゾン情報システムズは、実業務におけるブロックチェーン技術の利活用に向けた研究・開発を社内の研究開発組織「ブロックチェーンラボ」にて進めています。また、セゾン情報システムズでは働き方改革を推進しており、人事プログラムの刷新やテレワークの導入など、様々な施策を講じています。11月20日に移転した新オフィスでは、専門のバリスタが常駐するカフェ「innoBase」を設置し、就業時間中は誰でも利用できるようになりました。

そこで、ブロックチェーン技術を働き方改革の取り組みに活用することを目的に、社内仮想通貨およびスマートフォンアプリを開発し、試験運用することとしたようです。利用者は、社内活動などへの貢献により、個人ごとに社内仮想通貨を貯め、スマートフォンアプリによりカフェで使用できます。

今後の展開

今後は、セゾン情報システムズの福利厚生の充実を目指し、社内システムと連携するなどしてさらなる利便性向上を図るとともに、来訪者も体験できるよう準備を進めていくようです。また、ブロックチェーン技術を活かした新たなサービス提供など今後の事業化へ向けた検討も進めていく方針です。

意外に多い社内仮想通貨の導入事例

社内仮想通貨は他の企業でも発行されています。例えば、カブドットコム証券。「OOIRI(オオイリ)」という社内仮想通貨で、残業しなかった場合、1日で1万歩以上歩いた場合など働き方改革や健康経営の観点で導入されています。今後は社外にも広げていく方針のようです。他にもいくつか導入事例がありますが、働き方改革などある目的を実現するための「ツール」として活用されている場合が多いです。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします

この記事を書いた人:編集部

編集部

ビットコインラボ編集部です。国内・海外における仮想通貨・ブロックチェーンの最新情報をお届けします。

主要仮想通貨

国内人気取引所一覧