仮想通貨の相場は大きく変動する場合がございます。また、レバレッジ取引を行う場合は投資額を上回る損失が生じる可能性がございます。

SBIホールディングス株式会社の子会社で、ベンチャーキャピタルファンドの運用・管理を行うSBIインベストメント株式会社は、AIおよびブロックチェーン分野の有望なベンチャー企業への投資を目的とした「SBI AI & Blockchainファンド」を新たに設立したことを発表しました。

目次

  • SBI、AI・ブロックチェーン分野を投資対象とした 「SBI AI & Blockchain」を設立
  • 500億円規模まで拡大予定

SBI、AI・ブロックチェーン分野を投資対象とした 「SBI AI & Blockchain」を設立

SBIホールディングス株式会社の子会社で、ベンチャーキャピタルファンドの運用・管理を行うSBIインベストメント株式会社は、AIおよびブロックチェーン分野の有望なベンチャー企業への投資を目的とした「SBI AI & Blockchainファンド」を新たに設立したことを発表しました。

SBIインベストメントは2015年12月にFinTech分野の有望なベンチャー企業への投資を目的とした「FinTechファンド」(出資約束金総額:300億円)を業界に先駆けて設立。現在、SBIホールディングス等からの投資も含めると、SBIグループ全体で61社(約320億円)へ投資しており、FinTech分野への投資では世界トップクラスの評価を得ています。

一方で、世界的に注目を集めているAI、ブロックチェーンといった新たなテクノロジーは金融分野に限らず、医療分野や不動産分野、行政分野等、様々な分野での活用が期待されています。そこで、このたびFinTechファンドの後継ファンドとして、FinTech分野を含む、AI、ブロックチェーン、さらにはこれら技術と関連の深いIoT、ロボティクス、シェアリングエコノミーといった分野も含めた、広義な意味でのAI、ブロックチェーン分野の有望なベンチャー企業への投資を目的として、本ファンドを設立されました。

500億円規模まで拡大予定

本ファンドは、2017年10月頃より組成を検討し、FinTechファンドの既存の出資者や海外を含めた金融機関・事業法人・機関投資家からの強い要望もあり、2018年1月より200億円規模で投資活動を開始します。その後、地方銀行や信用金庫等の地域金融機関や生損保会社、年金基金等の機関投資家からもさらに追加での出資を募り、早期に500億円規模まで拡大をする予定です。特に地域金融機関からの意向表明が相次いでおり、28行の地域金融機関から出資があったFinTechファンドの出資者の数を大きく上回る見込みのようです。

新ファンドの概要

ファンド名:SBI AI & Blockchainファンド
設立時期:2018年1月
運用期間:約10年
投資対象:AIおよびブロックチェーン分野を中心とした有望なベンチャー企業
目標出資約束金総額:500億円

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします

この記事を書いた人:編集部

編集部

ビットコインラボ編集部です。国内・海外における仮想通貨・ブロックチェーンの最新情報をお届けします。

主要仮想通貨

国内人気取引所一覧