仮想通貨の相場は大きく変動する場合がございます。また、レバレッジ取引を行う場合は投資額を上回る損失が生じる可能性がございます。

1月26日、仮想通貨取引所のコインチェックが記者会見を行いました。会見では、約5億2,000万NEM(580億円相当)が不正アクセスにより流出したことを認めました。今後、顧客保護を最優先に補償を検討していくということです。

目次

  • コインチェックが記者会見。不正アクセスにより580億円相当が流出
  • NEMの補償はどうなるのか
  • 顧客資産の補償を最優先に

コインチェックが記者会見。不正アクセスにより580億円相当が流出

1月26日、仮想通貨取引所のコインチェックが記者会見を行いました。会見では、約5億2,000万NEM(580億円相当)が不正アクセスにより流出したことを認めました。流出したNEMは全て顧客資産であるということです。今後、顧客保護を最優先に補償を検討していくと発表しています。

NEMはホットウォレットで管理されていた

会見では、セキュリティ面に関する質問が殺到しました。通常、取引所では保有する仮想通貨の大半をオフラインのコールドウォレットで管理していますが、コインチェックはNEMを全てオンラインのホットウォレットで管理していたようです。これは非常に問題であり、取引所としてセキュリティ対策が甘かったと言わざる負えないでしょう。また、マルチシグも採用していなかったことが判明しました。

NEMの補償はどうなるのか

流出したNEMの補償に関しては、検討中との回答となりました。NEMで行うのか、日本円で行うのかなど詳しいことは決まっていません。ただ、補償するにしても580億円相当にも及ぶため、どこまでできるかは微妙なところです。

NEM財団、ハードフォークはできかねる

コインチェックではNEM財団とも協議を進めているようですが、ハードフォークはできかねるとの回答があったようです。以前The DAOへのハッキングによりイーサリアムがハードフォークを行いましたが、今回そのような対応は期待できないかもしれません。

顧客資産の補償を最優先に

今回580億円相当のNEMが流出しました。金額はマウントゴックス以上であり、過去最大になります。財務状況や補償方法などが明確になっていないため詳しいことはわかりませんが、一人でも多くの顧客の資産が補償されることを願いたいです。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします

この記事を書いた人:編集部

編集部

ビットコインラボ編集部です。国内・海外における仮想通貨・ブロックチェーンの最新情報をお届けします。

主要仮想通貨

国内人気取引所一覧