仮想通貨の相場は大きく変動する場合がございます。また、レバレッジ取引を行う場合は投資額を上回る損失が生じる可能性がございます。

ジャパンネット銀行がブロックチェーンを使った契約書管理の実証実験を開始することが、日本経済新聞の報道でわかりました。実証実験では、テックビューロのmijinと富士通のHyperledger Fabricという2種類のブロックチェーンを使用します。

目次

  • ジャパンネット銀行、ブロックチェーンを使った契約書管理の実証実験を開始
  • 進むブロックチェーン活用、2製品の連携は珍しい
  • 実証実験の進展に期待

ジャパンネット銀行、ブロックチェーンを使った契約書管理の実証実験を開始

ジャパンネット銀行がブロックチェーンを使った契約書管理の実証実験を開始することが、日本経済新聞の報道でわかりました。実証実験では、テックビューロのmijinと富士通のHyperledger Fabricという2種類のブロックチェーンを使用します。メールや文書でやり取りする従来の手法に比べ、紙や手間がどれだけ削減できるか検証するようです。

ジャパンネット銀、分散型台帳で契約締結管理 テックビューロなどと実証実験

進むブロックチェーン活用、2製品の連携は珍しい

金融機関を中心にブロックチェーン活用が進んでいますが、今回のように2製品を連携して利用することは珍しいです。Techcrunchの報道によれば、契約先企業が使っているブロックチェーン技術に合わせるには複数のブロックチェーンを活用できた方がよいという考えと、複数のブロックチェーン技術に共通の情報を記録することで、万一障害が発生した場合にもバックアップの役割を果たすと期待できる考えがあるようです。

ジャパンネット銀行が2種ブロックチェーンの連携に挑戦、mijinとHyperledger Fabricで実証実験 | TechCrunch Japan

実証実験の進展に期待

ジャパンネット銀行は、テックビューロのmijinと富士通のHyperledger Fabricという2種類のブロックチェーンを使用し、契約書管理の実証実験を開始します。2製品を連携して使用する取り組みは過去に例がないので、どのような進展を見せるか注目です。現在、さまざまな業界でブロックチェーン活用が進んできていますが、今後も更なる発展を見せそうです。

テックビューロ運営、Zaif取引所の詳細はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします

この記事を書いた人:編集部

編集部

ビットコインラボ編集部です。国内・海外における仮想通貨・ブロックチェーンの最新情報をお届けします。

主要仮想通貨

国内人気取引所一覧