仮想通貨の相場は大きく変動する場合がございます。また、レバレッジ取引を行う場合は投資額を上回る損失が生じる可能性がございます。

GMOインターネット株式会社は、仮想通貨のマイニング事業において、2018年8月(予定)より、クラウドマイニングサービス「Z.com Cloud Mining」を提供開始すると発表しました。2018年3月から世界9都市でサービスの説明会を開催する予定です。

目次

  • GMOインターネット、「クラウドマイニングサービス」開始時期を決定
  • 「Z.com Cloud Mining」について
  • 仮想通貨マイニング事業の展開
  • まずは説明会参加を

GMOインターネット、「クラウドマイニングサービス」開始時期を決定

GMOインターネット株式会社は、仮想通貨のマイニング事業において、2018年8月(予定)より、クラウドマイニングサービス「Z.com Cloud Mining」を提供開始すると発表しました。これに伴い、サービスの利用を希望する顧客の事前申し込みを受け付けるとともに、2018年3月から世界9都市でサービスの説明会を開催する予定です。

サービスの事前申し込みおよび説明会の参加申し込みについて

Z.com Cloud Mining

「Z.com Cloud Mining」について

GMOインターネットが欧州法人を通じて運営している、マイニング施設「次世代マイニングセンター」のマイニング設備の一部を貸し出し、GMOインターネットで設備の管理を行います。利用いただいている設備でマイニングに成功した場合、そこで獲得した仮想通貨をマイニングの報酬として受け取ることができます。これにより、自社でマイニングの設備投資・運用が難しい事業者もマイニングに参加が可能です。

■開始時期 :2018年8月予定
■提供内容 :GMOインターネットが提供予定の7nmの次世代マイニングチップを搭載した
マイニング設備の一部を貸し出し
■設備レンタル料:1契約5百万ドル予定
(2年間のレンタル料の一括前払い方式)
■管理手数料:未定(マイニング報酬の一定率を徴収)
*電気代、土地代、設備メンテナンス費、警備費、その他諸費用含む
■契約期間 :2年間(途中解約不可)
■マイニング対象通貨(予定):
SHA256対応通貨(ビットコイン・ビットコインキャッシュ)
■申し込みについて:
・ひと月あたり、計8契約まで新規のお申し込みを受け付ける予定です。

仮想通貨マイニング事業の展開

1、クラウドマイニングサービス(2018年8月予定)
上記の内容。「次世代マイニングセンター」の設備の一部を貸し出し、利用いただいている設備でマイニングに成功した場合、マイニングの報酬を受け取れるサービス。

2、次世代マイニングボードの販売(検討中)
マイニングチップを搭載したマイニングボードは製造後、「次世代マイニングセンター」で使用するだけでなく、一部外部への販売を行うことを検討しています。また、外部販売においては、2018年度内を目処に、トークンセール(ICO)の実施について検討しています。

3、GMOコインへの仮想通貨供給
GMOインターネットグループの仮想通貨取引所であるGMOコインに対し、マイニングされたビットコインをはじめとする仮想通貨を供給する予定です。

まずは説明会参加を

GMOインターネットがクラウドマイニングサービス「Z.com Cloud Mining」の開始時期を発表しました。以前から関心を持っていた方も多いと思いますが、3月1日から説明会申し込み受付が開始されますので、まずは説明会から参加してしっかり内容を把握するのがいいでしょう。

GMOグループ、GMOコインの詳細はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします

この記事を書いた人:編集部

編集部

ビットコインラボ編集部です。国内・海外における仮想通貨・ブロックチェーンの最新情報をお届けします。

主要仮想通貨

国内人気取引所一覧