仮想通貨の相場は大きく変動する場合がございます。また、レバレッジ取引を行う場合は投資額を上回る損失が生じる可能性がございます。

西日本新聞社は、ブロックチェーン技術を活用した米国発祥のソーシャルメディアサービス「Steemit」にアカウントを登録し、記事の配信を2月27日に始めました。トークンを活用した「分散型ジャーナリズム」の研究を目的とした実証実験と位置付けています。

目次

  • 西日本新聞が「Steemit」にアカウント開設。記事の配信をスタート
  • Steemitについて
  • 面白い試み、今後に期待

西日本新聞が「Steemit」にアカウント開設。記事の配信をスタート

西日本新聞社は、ブロックチェーン技術を活用した米国発祥のソーシャルメディアサービス「Steemit」にアカウントを登録し、記事の配信を2月27日に始めました。トークンを活用した「分散型ジャーナリズム」の研究を目的とした実証実験と位置付けています。

実証実験の概要

西日本新聞はSteemit上に、今年初めから企画している「あなたの特命取材班」の記事などを掲載します。「あなたの特命取材班」は、個人や社会の課題について読者の依頼に応える形で取材を始め、調査報道を通して事態の改善を目指す取り組みです。

■「あなたの特命取材班」ウェブサイト https://www.nishinippon.co.jp/tokumei/

日本語、英語、韓国語で情報発信

Steemitではアカウント(@westjapandaily)を作成し、日本語のほか、英語、韓国語でも発信していく予定です。また他の利用者とコメントや評価を通じて交流を広げたいと考えています。Steemitの担当者によると、日本の新聞社がアカウントを開設するのは初だといいます。

Steemitについて

Steemitは簡単に言えば、facebookなどのSNSに近いサービスです。Steemit内でコンテンツを投稿したりコンテンツに対して反応したりすることで、トークン(仮想通貨)Steemを報酬として受け取ることができます。Steemは日本の取引所で扱いはありませんが、海外のPoloniexやBittrexなどの取引所で取り扱いがあります。時価総額は20位~30位に位置しています。

面白い試み、今後に期待

今回の配信はトークンによる記事への報酬分配などの仕組みを経験することを通じて、記事の質と読者の評価に基づくニュース経済圏の将来的な可能性について研究することが目的です。面白い試みであり、今後の展開に注目が集まります。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします

この記事を書いた人:編集部

編集部

ビットコインラボ編集部です。国内・海外における仮想通貨・ブロックチェーンの最新情報をお届けします。

主要仮想通貨

国内人気取引所一覧