仮想通貨の相場は大きく変動する場合がございます。また、レバレッジ取引を行う場合は投資額を上回る損失が生じる可能性がございます。

株式会社電通は、2015年から個別案件ごとに研究・対応してきたブロックチェーンの推進について、その専門性をさらに高めてビジネス活用を促進していくため、社内横断組織「電通ブロックチェーンコミュニティー」(以下「DBCC」)を3月1日付で発足させました。

目次

  • 電通が「電通ブロックチェーンコミュニティー」(DBCC)を発足
  • FINOLAB会員のスタートアップ等と連携し事業開発を推進
  • 目次3非金融分野でのブロックチェーン活用

電通が「電通ブロックチェーンコミュニティー」(DBCC)を発足

株式会社電通は、2015年から個別案件ごとに研究・対応してきたブロックチェーンの推進について、その専門性をさらに高めてビジネス活用を促進していくため、社内横断組織「電通ブロックチェーンコミュニティー」(以下「DBCC」)を3月1日付で発足させました。

ブロックチェーンはあらゆる産業に大きな影響を与えると言われていますが、電通が生業とする広告コミュニケーション領域においても、ブロックチェーンを活用した新たなビジネスが誕生してくると捉えているようです。

FINOLAB会員のスタートアップ等と連携し事業開発を推進

FINOLABとは三菱地所株式会社、株式会社電通国際情報サービス、株式会社電通の3社が2016年2月に立ち上げ、協業運営している国内初・最大のFinTech産業拠点です。現在、FinTechスタートアップ44社が参画する他、事業会社10社が会員として参画し日々オープンイノベーションを推進しています。

今後DBCCは、ブロックチェーン技術の活用に向け、これらスタートアップ等との連携を深めることで、広告ビジネスにおける新しいソリューションの開発を目指します。また、金融庁長官などを歴任した畑中龍太郎氏をDBCCのアドバイザーとして迎えました。

非金融分野でのブロックチェーン活用

非金融分野におけるブロックチェーン活用の進み具合を見ると、金融よりも早くイノベーションが起きると感じます。電通などの大手企業が積極的に関わることで、この流れはますます進んでいくでしょう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします

この記事を書いた人:編集部

編集部

ビットコインラボ編集部です。国内・海外における仮想通貨・ブロックチェーンの最新情報をお届けします。

主要仮想通貨

国内人気取引所一覧