仮想通貨の相場は大きく変動する場合がございます。また、レバレッジ取引を行う場合は投資額を上回る損失が生じる可能性がございます。

アメリカのウォルマートがブロックチェーンを使った物流追跡システムの特許を出願したことがわかりました。「スマートパッケージ」というもので、ブロックチェーン技術を使い荷物や場所などの情報を追跡する内容です。

目次

  • ウォルマート、ブロックチェーンを使った物流追跡システムの特許出願
  • 物流と相性の良いブロックチェーン

ウォルマート、ブロックチェーンを使った物流追跡システムの特許出願

Ken Wolter / Shutterstock.com
アメリカのウォルマートがブロックチェーンを使った物流追跡システムの特許を出願したことがわかりました。「スマートパッケージ」というもので、ブロックチェーン技術を使い荷物や場所、温度管理などの情報を追跡する内容です。ドローンや自動運転などの新技術と並行して使用することが想定されています。

商品出荷の課題

ウォルマートはオンラインでの商品出荷の際のセキュリティを強化する必要があると出願内容の中で述べています。特に温度管理が必要な腐敗しやすい製品に関して、小売業者にとって出荷の際に問題が生じています。こうした課題がある中で、今回の特許出願となったようです。

食品のトレーサビリティでもブロックチェーンを利用

ウォルマートは今回の物流追跡システム以外においてもブロックチェーンを利用しています。昨年、IBMと提携しKroger、Nestleなどの食品業界の企業に加わって、食品のトレーサビリティを向上させるためブロックチェーンを利用しました。

物流と相性の良いブロックチェーン

物流とブロックチェーンは非常に相性が良いと言われています。物流は生産者から消費者までの間にさまざまな工程が存在しており管理がバラバラです。改ざんなどの問題が良くある分野になります。ブロックチェーンであれば、履歴が自動的に記録、公開され、改ざんすることは事実上不可能です。

参考記事

Walmart Wants Blockchain to Make Shipping ‘Smarter’ – CoinDesk

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします

この記事を書いた人:編集部

編集部

ビットコインラボ編集部です。国内・海外における仮想通貨・ブロックチェーンの最新情報をお届けします。

主要仮想通貨

国内人気取引所一覧