仮想通貨の相場は大きく変動する場合がございます。また、レバレッジ取引を行う場合は投資額を上回る損失が生じる可能性がございます。

SBIホールディングス株式会社は、台湾で仮想通貨のコールドウォレット事業を展開するCoolBitX(クールビットエックス)社へ出資したことを発表しました。SBIグループのCoolBitX社への出資比率は40%になります。

目次

  • SBIホールディングス、仮想通貨コールドウォレット事業の台湾CoolBitX(クールビットエックス)社へ出資
  • コールドウォレットについて

SBIホールディングス、仮想通貨コールドウォレット事業の台湾CoolBitX(クールビットエックス)社へ出資

SBIホールディングス株式会社は、台湾で仮想通貨のコールドウォレット事業を展開するCoolBitX(クールビットエックス)社へ出資したことを発表しました。SBIグループのCoolBitX社への出資比率は40%になります。CoolBitX社は台湾において、仮想通貨を保管・管理するためのコールドウォレットの開発および販売を行っています。

出資の背景

昨今の相次ぐ仮想通貨盗難事件を受け、仮想通貨を保全するウォレット機能は大きな注目を集めています。そのなかで、CoolBitX社のコールドウォレット「CoolWallet」は薄くて軽い特長を持ち、また、Bluetooth機能によるiOSおよびAndroidへの接続が可能なデバイスであり、CoolBitX社の技術活用を検討しつつ、一層のセキュリティ高度化を目指すとしています。

ビットコイン・イーサリアム・ライトコイン・リップル(XRP)に対応

CoolBitX社のコールドウォレット「CoolWallet」は、ビットコイン・イーサリアム・ライトコイン・リップル(XRP)に対応しています。

コールドウォレットについて

セキュリティ意識の高まりを受けコールドウォレットが注目されています。コールドウォレットはハードウェアなどを使いオフラインで仮想通貨を管理できるウォレットです。オフラインなのでハッキングリスクを軽減できます。今回SBIが出資した「CoolWallet」は日本ではあまり馴染みがありませんが、SBIが出資したことでメジャーになっていくかもしれません。現在、人気のあるコールドウォレットとしては、TREZORやLedger Nanoなどがあります。

コールドウォレットを利用する上での注意点

コールドウォレットは正しく利用できれば、取引所に仮想通貨を保管するよりも安全と言えるでしょう。注意点としては、まず価格。製品によっても違いますが、1万円~2万円が一般的です。ハッキングリスクが軽減できる代わりに、破損や紛失など物理的なリスクは発生します。また、管理が少々大変かもしれません。リカバリやファームウェアの更新などをする必要があるため、事前に方法などを確認したうえで利用するのがいいでしょう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします

この記事を書いた人:編集部

編集部

ビットコインラボ編集部です。国内・海外における仮想通貨・ブロックチェーンの最新情報をお届けします。

主要仮想通貨

国内人気取引所一覧