仮想通貨の相場は大きく変動する場合がございます。また、レバレッジ取引を行う場合は投資額を上回る損失が生じる可能性がございます。

ソフトバンクがブロックチェーンを活用した国際送金・決済システムを開発すると日本経済新聞が報道しました。米スプリントや韓国KTなど海外通信大手と連携し、購買した商品の支払いを携帯電話料金に合算させる決済サービスなどの実用化を目指すようです。

目次

  • ソフトバンクがブロックチェーンを活用した国際送金・決済システムを開発
  • ブロックチェーン・コンソーシアム「CBSE」と通信事業者5社が連携
  • ブロックチェーンとキャリア決済の組み合わせ

ソフトバンクがブロックチェーンを活用した国際送金・決済システムを開発

ソフトバンクがブロックチェーンを活用した国際送金・決済システムを開発すると日本経済新聞が報道しました。米スプリントや韓国KTなど海外通信大手と連携し、購買した商品の支払いを携帯電話料金に合算させる決済サービスなどの実用化を目指すようです。2018年に日本と台湾で旅行者向けの実証実験を実施します。

ソフトバンク、送金・決済で通信連合

ブロックチェーン・コンソーシアム「CBSE」と通信事業者5社が連携

ソフトバンクは2017年9月に、ブロックチェーン・コンソーシアム「Carrier Blockchain Study Group(キャリア・ブロックチェーン・スタディー・グループ)」を発足しましたが、韓国KTやスペインのテレフォニカなどの通信事業者5社も連携するようです。CBSGは、安全な清算や決済、個人認証、IoT端末向けアプリケーションなどのさまざまなサービスを、ユーザー向けに提供するプラットフォームの構築を目指して研究開発を推進しています。

ブロックチェーンとキャリア決済の組み合わせ

今回ソフトバンクが開発する決済システムは、ブロックチェーンとキャリア決済の組み合わせと言える仕組みです。スマホにアプリをあらかじめダウンロードさせておけば一定の利用者も期待できます。仮想通貨やトークンというよりは、アリペイなどを意識した施策と捉えることができそうです。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします

この記事を書いた人:編集部

編集部

ビットコインラボ編集部です。国内・海外における仮想通貨・ブロックチェーンの最新情報をお届けします。

主要仮想通貨

国内人気取引所一覧