仮想通貨の相場は大きく変動する場合がございます。また、レバレッジ取引を行う場合は投資額を上回る損失が生じる可能性がございます。

Fintechによる金融分野でのテクノロジーの進化が、生活者に対してどのような意識・行動変化をもたらすのかを把握するため、生活者調査を実施している博報堂金融マーケティングプロジェクトが、「仮想通貨」をテーマに、1万人を対象に仮想通貨の購入開始時期ごとの生活者の意識・実態を調査しました。

目次

  • 博報堂が1万人を対象に仮想通貨に関する調査を実施
  • 初期購入層と中期購入層・直近購入層では購入動機が異なる
  • 初期購入層ほど仮想通貨を「利用」している
  • 投機は悪いことではない

博報堂が1万人を対象に仮想通貨に関する調査を実施

Fintechによる金融分野でのテクノロジーの進化が、生活者に対してどのような意識・行動変化をもたらすのかを把握するため、生活者調査を実施している博報堂金融マーケティングプロジェクトが、「仮想通貨」をテーマに、1万人を対象に仮想通貨の購入開始時期ごとの生活者の意識・実態を調査しました。

調査を実施した1万人のうち、実際に仮想通貨の購入経験があったのは466人(全体の4.6%)でした。その中から購入開始時期の違いで「2017年1月以前(初期購入層)」、「2017年2月~12月(中期購入層)」、「2017年12月以降(直近購入層)」と3つのグループに大別し、それぞれの特徴を調査しました。

初期購入層と中期購入層・直近購入層では購入動機が異なる

初期購入層と中期購入層・直近購入層では購入動機が異なることがわかりました。初期購入層の1位は「ブロックチェーン・仮想通貨技術への興味」だったのに対し、中期購入層・直近購入層の1位は「お金儲け」となりました。直近購入層においては、「ブロックチェーン・仮想通貨技術への興味」がランクインしていないことがわかります。

初期購入層ほど仮想通貨を「利用」している

上記は購入層ごとの仮想通貨での支払い経験です。初期購入層は「ゲーム内通貨として利用した」や「友人等への送金に利用した」と回答した割合が他のグループよりも高く、実際に「利用」していることがわかります。直近購入層は8割以上は「仮想通貨での支払経験がない」と回答しています。

上記はウォレットの利用状況です。初期購入層は他の2グループと比べると取引所のウォレットを利用している割合が少なく、ウェブウォレットを使用している人の割合が最も高くなっています。これは仮想通貨を利用していること、取引所に保管しておくリスクを把握している結果と言えるかもしれません。

投機は悪いことではない

博報堂の調査は購入開始時期ごとの意識・実態を把握できる面白い切り口の調査でした。初期購入層ほど仮想通貨の技術に関心が高く、直近購入層ほど投機目的となっていますが、投機は決して悪いことではなく、仮想通貨が一般化するために必要な過程です。現在、投機熱が一段落し新たなフェーズに入っていると思いますが、今後の購入層にどのような変化が現れるのか注目してみてはいかがでしょうか。

博報堂金融マーケティングプロジェクト、1万人を対象に仮想通貨に関する生活者調査を実施 | お知らせ | NEWS | 博報堂 HAKUHODO Inc.

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします

この記事を書いた人:編集部

編集部

ビットコインラボ編集部です。国内・海外における仮想通貨・ブロックチェーンの最新情報をお届けします。

主要仮想通貨

国内人気取引所一覧