仮想通貨の相場は大きく変動する場合がございます。また、レバレッジ取引を行う場合は投資額を上回る損失が生じる可能性がございます。

シンプレクス株式会社と株式会社Smart Contract Systemsは、仮想通貨市場に流動性を供給する機関投資家等のリクイディティプロバイダー(仮想通貨LP)を対象とした仮想通貨取引プラットフォームを提供するジョイントベンチャーを、2018年5月を目途に設立することに合意しました。

目次

  • シンプレクスとSmart Contract Systems、機関投資家向け仮想通貨取引プラットフォームを提供
  • 新会社設立の目的

シンプレクスとSmart Contract Systems、機関投資家向け仮想通貨取引プラットフォームを提供


シンプレクス株式会社と株式会社Smart Contract Systemsは、仮想通貨市場に流動性を供給する機関投資家等のリクイディティプロバイダー(仮想通貨LP)を対象とした仮想通貨取引プラットフォームを提供するジョイントベンチャーを、2018年5月を目途に設立することに合意しました。

設立当初の出資総額は2億円、シンプレクスが1億200万円(出資比率:51%)を現金出資する一方、Smart Contract Systemsは9,800万円相当(出資比率:49%)の仮想通貨イーサリアムを現物出資する予定です。新会社設立にあたり、仮想通貨を現物出資するという先進的な出資スキームを採用することで、今後の企業活動における仮想通貨の普及と地位向上に貢献していくと発表しています。

新会社設立の目的

仮想通貨取引の透明性や流動性の確保が求められるなか、大量取引を通してマーケットの流動性に大きな影響力を持つ仮想通貨LPが担うべき役割は拡大しています。このような状況に鑑み、シンプレクスとSCSは、健全な仮想通貨市場の発展に寄与することを目的として、仮想通貨LPを対象とした取引プラットフォームを提供する事業を共同で行うため、新会社を設立することに合意しました。

新会社は、まず2018年7月を目途に、大手仮想通貨LPであるSC及びその関連会社に、ディーリングシステムを提供する予定です。さらに同システムを足がかりとして、同年9月までに、世界のあらゆる仮想通貨LPを対象としたディーリングシステムのASPを展開するほか、仮想通貨LPと仮想通貨交換業者が取引を行うためのマッチングシステムも、併せてASPとして提供する予定です。

シンプレクスが有する高度な金融工学や業界屈指のシステム開発力と、SCS及び同社グループが有する「Enterprise Ethereum Alliance (EEA)」加盟企業とのネットワークや、アジア最大規模を誇る大手仮想通貨LPとしての強力な営業力を最大限に活かすことで、仮想通貨取引プラットフォームにおけるトップシェアの確立を目指すと共に、健全な市場の発展・拡大を図っていきます。

新会社について(予定)

名称:Definity株式会社(Definity Inc.)
所在地:東京都港区虎ノ門1-23-1 虎ノ門ヒルズ森タワー19階
事業内容:通貨、外国為替又は仮想通貨に関する取引及びその媒介、並びに仮想通貨取引に関する 市場流動性の提供を行う事業者に対するASPサービスの提供

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします

この記事を書いた人:編集部

編集部

ビットコインラボ編集部です。国内・海外における仮想通貨・ブロックチェーンの最新情報をお届けします。

主要仮想通貨

国内人気取引所一覧