仮想通貨の相場は大きく変動する場合がございます。また、レバレッジ取引を行う場合は投資額を上回る損失が生じる可能性がございます。

株式会社ディー・エル・イーは、ブロックチェーンゲームの開発を行うdouble jump.tokyo株式会社の株式取得に関する基本合意書を締結したことを発表しました。ディー・エル・イーは東証一部上場企業で、ゲーム事業としては主に漫画・アニメ原作のIPを中心に企画・開発・運営を行っています。

目次

  • ディー・エル・イーがブロックチェーンゲーム開発double jump.tokyoの株式取得
  • ブロックチェーンゲームへの注目度が高まる

ディー・エル・イーがブロックチェーンゲーム開発double jump.tokyoの株式取得

株式会社ディー・エル・イーは、ブロックチェーンゲームの開発を行うdouble jump.tokyo株式会社の株式取得に関する基本合意書を締結したことを発表しました。

ディー・エル・イーグループのゲーム事業や出資の目的

DLEグループのゲーム事業は、2015年7月に、主にスマートフォンアプリを開発する子会社としてちゅらっぷす株式会社を設立し、漫画・アニメ原作のIPを中心に企画・開発・運営を行っています。大ヒットアニメ「おそ松さん」のアプリ「おそ松さんのへそくりウォーズ~ニートの攻防~」では、App Store売上ランキング最高13位を記録、2018年4月16日(月)には、現在放映中の人気テレビアニメ「斉木楠雄のΨ難」のスマートフォン(iOS/Android)向け新作ゲームアプリ「斉木楠雄のΨ難 妄想暴走!Ψキックバトル」のリリースを予定しています。

一方で、2017年末より、イーサリアムなどの仮想通貨を支える基幹技術である「ブロックチェーン技術」及び「スマートコントラクト」を用いて開発されたデジタルアセットやアプリケーションが世界中で高い注目を集めています。この度、新たにブロックチェーン技術を活用したゲーム領域に参入することで、DLEグループのゲーム事業の事業領域を拡大するとともに、積極的な事業展開を行っていくことが出資の目的です。

ブロックチェーンゲームへの注目度が高まる

先日、アクセルマークがブロックチェーンゲーム事業に進出したことを発表しましたが、やはり他のゲーム会社も対応を急いでいるようです。実際ブロックチェーンゲームがスマホゲームのようになるかはわかりませんが、各社この領域に出遅れるわけにはいかず、さらに多くの企業が参入するのではないでしょうか。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします

この記事を書いた人:編集部

編集部

ビットコインラボ編集部です。国内・海外における仮想通貨・ブロックチェーンの最新情報をお届けします。

主要仮想通貨

国内人気取引所一覧