仮想通貨の相場は大きく変動する場合がございます。また、レバレッジ取引を行う場合は投資額を上回る損失が生じる可能性がございます。

国内で最も古くからブロックチェーン技術の専門企業として事業展開するコンセンサス・ベイス株式会社は、トレーディングカードなどの知財をデジタルアセットとしてブロックチェーン上に登録・発行・流通できるようにするデジタルアセット流通プラットフォーム「クリプトカード」をリリースします。

目次

  • コンセンサス・ベイスがデジタルアセット流通プラットフォーム「クリプトカード」をリリース
  • トレーディングカードについて

コンセンサス・ベイスがデジタルアセット流通プラットフォーム「クリプトカード」をリリース

国内で最も古くからブロックチェーン技術の専門企業として事業展開するコンセンサス・ベイス株式会社は、トレーディングカードなどの知財をデジタルアセットとしてブロックチェーン上に登録・発行・流通できるようにするデジタルアセット流通プラットフォーム「クリプトカード」をリリースします。また、「クリプトカード」プラットフォームを利用した第一弾サービスとして、コンセンサス・ベイスが発行者となるトレーディングカード販売サービス「CryptoCards」のβサイトを2018年4月3日にオープンします。

トレーディングカードについて

トレーディングカードは、様々な種類のデザインが施されたカードで、交換(トレード)や収集(コレクション)することを前提にして販売・配布される鑑賞用・ゲーム用のカードです。ゲーム用のリアル・トレーディングカードの日本国内市場規模は、2011年に1,000億円を突破以降小康状態となっており、2016年に1,046億円と再び1,000億円を回復しています。また、2014年に本格展開が始まったデジタル・トレーディングカードの世界市場規模は約1,500億円に達しました。

トレーディングカードゲームは利用者同士で対戦を行うだけでなく、希少価値の高いカードの収集など利用者の目的は多岐にわたります。そのため利用者同士のカード交換のニーズが存在します。しかしながら、現状はトレーディングカードをゲーム運営会社のサーバーで管理しているため、カード保有者が自由にカード交換できない、ゲームがサービス終了するとカードもなくなりカードの価値がゼロになるなどさまざまな課題があります。

ブロックチェーンの世界

一方、ブロックチェーンの世界ではCryptoKitties( https://www.cryptokitties.co/ )というブロックチェーン基盤イーサリアム上で動く、仔猫育成ゲームが話題となっています。仔猫は見た目が違うだけでなく1匹ごとに異なるDNA情報を持ちデジタルアセットとしてブロックチェーンに記録されており、保有者が自由に購入・育成・交配・売却などをすることが可能となっています。

ただ残念ながら、ブロックチェーンの知見がない企業が、自社所有のゲームやキャラクターなどの知財をCryptoKittiesのようにブロックチェーン上のデジタルアセットとしてサービス化するのは技術的に困難な状況と言えます。そこで、コンセンサス・ベイスがリリースするデジタルアセット流通プラットフォーム「クリプトカード」では、トレーディングカードなどのデジタル化された知財を、改竄がほぼ不可能な形で記録・流通できるブロックチェーン技術を利用することで、CryptoKittiesのようにデジタルアセットとしてイーサリアム上に登録・発行・流通できるように開発・構築しました。

CryptoCards

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします

この記事を書いた人:編集部

編集部

ビットコインラボ編集部です。国内・海外における仮想通貨・ブロックチェーンの最新情報をお届けします。

主要仮想通貨

国内人気取引所一覧