仮想通貨の相場は大きく変動する場合がございます。また、レバレッジ取引を行う場合は投資額を上回る損失が生じる可能性がございます。

モバイルアプリを中心に展開する東証一部上場のモバイルファクトリーは、モバイル対応のブラウザ兼仮想通貨ウォレット「pochi – ポチ -(仮称)」 を2018年夏にリリース予定であることを発表しました。また、アプリケーションプラットフォームの構想も明らかにしています。

目次

  • モバイルファクトリー、ブラウザ兼仮想通貨ウォレットを夏にリリース
  • モバイルファクトリーのブロックチェーンサービスの構想
  • 将来の展望

モバイルファクトリー、ブラウザ兼仮想通貨ウォレットを夏にリリース

モバイルアプリを中心に展開する東証一部上場のモバイルファクトリーは、モバイル対応のブラウザ兼仮想通貨ウォレット「pochi – ポチ -(仮称)」 を2018年夏にリリース予定であることを発表しました。

また、アプリケーションプラットフォーム「uniqys – ユニキス -(仮称)」 の研究開発に着⼿していることも明らかになりました。同時にuniqys上のゲームもリリースする予定のようです。uniqysはリリースの⾒通しが⽴ち次第、改めて発表されます。

モバイルファクトリーのブロックチェーンサービスの構想

モバイルファクトリーがブロックチェーン関連サービスの開発に着⼿した当初は、最も強みを持つ「ゲーム分野」での進出を構想していましたが、Ethereum(イーサリアム)に代表されるブロックチェーンプラットフォーム上に先⾏してリリースされている複数ゲームを研究した結果、トランザクション⼿数料の⾼さ、モバイル環境での動作が想定されていないゲームが大半、開発環境の構築や独⾃⾔語の習得による開発者参⼊障壁が⾼いことなどがわかりました。

そこで、モバイルファクトリーが研究開発を進めているゲームでは、上記課題を可能な限りクリアした上で提供することがユーザーの満⾜につながると考え、ゲームだけでなくアプリケーションプラットフォームやモバイル対応のブラウザ兼仮想通貨ウォレットの研究開発にも着⼿することを決定したといいます。

アプリケーションプラットフォーム「uniqys – ユニキス -」 について

uniqysはpochiを用いてユーザーが容易にアプリケーションを利用することができます。開発者にとっては、先述した課題がクリアされたたプラットフォームが構築されることになり、よりユーザー満⾜度の⾼い環境でのサービス提供が可能となります。uniqysではモバイルファクトリー自身がアプリデベロッパーとしてゲームを提供する準備を進めており、ゲームだけでなく様々なアプリケーションの提供も想定しています。

将来の展望

モバイルファクトリーは、これまでの中央集権的なプラットフォームとは異なった、分散型エコシステムの構築を⽬指しています。エンターテイメント分野はもちろんのこと、社会の様々な場所で利⽤されることが期待されるブロックチェーン技術を最⼤限に活⽤した新しい経済を⽣み出すことを目指しています。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします

この記事を書いた人:編集部

編集部

ビットコインラボ編集部です。国内・海外における仮想通貨・ブロックチェーンの最新情報をお届けします。

主要仮想通貨

国内人気取引所一覧