仮想通貨の相場は大きく変動する場合がございます。また、レバレッジ取引を行う場合は投資額を上回る損失が生じる可能性がございます。

みずほ銀行とソフトバンクが共同出資するJスコアが、将来的にデジタル通貨での融資・返済を検討していることが産経新聞の報道でわかりました。キャッシュレス決済が進む中、デジタル通貨で融資や返済をすることは自然な流れなのかもしれません。

目次

  • みずほ銀行とソフトバンクが共同出資するJスコアがデジタル通貨での融資・返済を検討
  • Jスコアについて

みずほ銀行とソフトバンクが共同出資するJスコアがデジタル通貨での融資・返済を検討

みずほ銀行とソフトバンクが共同出資するJスコアが、将来的にデジタル通貨での融資・返済を検討していることが産経新聞の報道でわかりました。Jスコア代表取締役の大森氏は「キャッシュレス決済が当たり前の環境になれば、お客さまへの融資や返済でデジタル通貨を扱うことは十分考えられる」と語っています。現在、日本のキャッシュレス決済比率は20%であり、政府は2025年に40%に高める目標を掲げています。

デジタル通貨で融資・返済 みずほ銀とソフトバンク出資「Jスコア」が検討

幅広いデジタル通貨をサービスの対象に

みずほフィナンシャルグループのJコイン、三菱UFJフィナンシャル・グループのMUFGコインなど、さまざまなデジタル通貨が存在していますが、Jスコアはデジタル通貨の発行元は問わない考えで、幅広いデジタル通貨をサービスの対象にするようです。

Jスコアについて

Jスコアは国内初となるスコア・レンディング事業を展開しています。お客さまのデータ提供や追加情報の入力でスコアアップなどが可能となるスコアリングモデルを活用した、スマートフォンで手続きが完結する国内初のスコア・レンディングサービスを提供しています。スコアリングモデルとは、本サービスを利用するお客さまから利用目的に同意いただくことを前提に、みずほ銀行が保有するビッグデータやローン審査ノウハウ、ソフトバンクが保有するビッグデータやAIによるデータ分析のノウハウを融合したものであり、これにより審査応諾範囲の拡大、競争力のある金利水準を実現していきます。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします

この記事を書いた人:編集部

編集部

ビットコインラボ編集部です。国内・海外における仮想通貨・ブロックチェーンの最新情報をお届けします。

主要仮想通貨

国内人気取引所一覧