仮想通貨の相場は大きく変動する場合がございます。また、レバレッジ取引を行う場合は投資額を上回る損失が生じる可能性がございます。

株式会社三菱UFJフィナンシャル・グループ(MUFG)と米Akamai Technologies, Incは、「決済処理速度2秒以下、世界最速の取引処理性能毎秒100万件超の取引」を可能とする新型ブロックチェーンを開発したことを発表しました。

目次

  • MUFGと米Akamai、世界最速の取引処理性能を実現するブロックチェーンを開発
  • 実現を目指すネットワークの概要

MUFGと米Akamai、世界最速の取引処理性能を実現するブロックチェーンを開発

株式会社三菱UFJフィナンシャル・グループ(MUFG)と米Akamai Technologies, Incは、「決済処理速度2秒以下、世界最速の取引処理性能毎秒100万件超の取引」を可能とする新型ブロックチェーンを開発したことを発表しました。MUFGのペイメント事業に係る専門性と、Akamaiの全世界に配備されたクラウド基盤上で実現される先進的ブロックチェーン技術を融合させることにより、2019年度以降、IoT時代の決済に対応した取引速度と処理容量を備えた、ペイメントネットワークのサービス提供を目指していきます。

毎秒1,000万件超の取引も可能に

「決済処理速度2秒以下、世界最速の取引処理性能毎秒100万件超の取引」という処理性能は、機能拡張により毎秒1,000万件超への展望も可能となるようです。

実現を目指すネットワークの概要

新たなペイメントネットワークは、ブロックチェーン内での価値移転・加減算管理の機能に加え、多様なペイメントサービスの通信網として活用できるインタフェースを備えます。これにより各種ペイメントサービスの取引コストを大幅に引き下げることを可能にし、キャッシュレス社会における大幅な取引件数の拡大に備えることが可能となります。

MUFGとAkamaiは、全世界に展開されたAkamaiの高速・高セキュリティなプラットフォームを通じ、新型ブロックチェーンの高速処理性能や安全な価値移転等の特性を活かし、IoT時代の「使っただけ課金(時間単位課金)」や「マイクロペイメント(少額支払い)」等の新しいペイメント手段や、「シェアリングエコノミー(共有型経済)」等の多様な決済シーンをサポートするためのオープンなプラットフォームの提供を目指していきます。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします

この記事を書いた人:編集部

編集部

ビットコインラボ編集部です。国内・海外における仮想通貨・ブロックチェーンの最新情報をお届けします。

主要仮想通貨

国内人気取引所一覧