仮想通貨の相場は大きく変動する場合がございます。また、レバレッジ取引を行う場合は投資額を上回る損失が生じる可能性がございます。

日本の大手証券会社である大和証券の中田社長は、産経新聞のインタビューで、仮想通貨について「インフラとして育てていくためのビジネスに参入の機会があれば検討する」と意欲を示しました。法整備などが整えば、有用性の高いプラットフォームになる可能性があると答えています。

目次

  • 大和証券、仮想通貨参入を検討も
  • ネット証券・FXの参入は加速

大和証券、仮想通貨参入を検討も

日本の大手証券会社である大和証券の中田社長は、産経新聞のインタビューで、仮想通貨について「インフラとして育てていくためのビジネスに参入の機会があれば検討する」と意欲を示しました。法整備などが整えば、有用性の高いプラットフォームになる可能性があると答えています。大和証券の競合である野村ホールディングス(野村証券)は、機関投資家向けのカストディ・サービス提供に向けた研究を開始すると発表しており、大和証券が意欲を示すのも自然な流れかもしれません。

大和証券、仮想通貨参入に意欲 中田社長「有用プラットフォームの可能性」

ネット証券、FXの参入は加速

大手証券会社が慎重な姿勢を見せる一方で、ネット証券やFXの仮想通貨参入は加速しています。SBIホールディングスを筆頭に、マネックスグループのコインチェック買収など大きな動きもありました。FX大手であるマネーパートナーズは日本仮想通貨交換業協会の会長を務めていますし、GMOなど既に参入済みの企業も多いです。特にFXはレバレッジ規制がかかることが決まっており、仮想通貨を主戦場として捉えている印象もあります。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします

この記事を書いた人:編集部

編集部

ビットコインラボ編集部です。国内・海外における仮想通貨・ブロックチェーンの最新情報をお届けします。

主要仮想通貨

国内人気取引所一覧