仮想通貨の相場は大きく変動する場合がございます。また、レバレッジ取引を行う場合は投資額を上回る損失が生じる可能性がございます。

北米証券監督協会(NASAA)が中心となり、アメリカとカナダの規制当局が協力して仮想通貨(ICO)への取り締まりを強化しています。「Operation Crypto-Sweep(仮想通貨一掃作戦)」と呼ばれ、既に70件の調査が実施されている模様です。

目次

  • アメリカ・カナダで仮想通貨(ICO)規制が強まる
  • 必要不可欠な行動

アメリカ・カナダで仮想通貨(ICO)規制が強まる

北米証券監督協会(NASAA)が中心となり、アメリカとカナダの規制当局が協力して仮想通貨(ICO)への取り締まりを強化しています。「Operation Crypto-Sweep(仮想通貨一掃作戦)」と呼ばれ、CNBCの報道では、40以上の州の監視機関が参加し、既に70件の調査が実施されている模様です。このうちいくつかは業務停止命令などが下されています。

5月23日、24日と仮想通貨相場は下落していますが、この件は少なからず影響を与えていそうです。

必要不可欠な行動

今回のような動きは仮想通貨市場が健全に発展するために不可欠です。特にICOに言えることですが、詐欺の疑いのある案件は多数存在します。新しい分野は詐欺などの行為が多くなりますが、現状は多すぎて市場の健全な発展が阻害される可能性があると言えるでしょう。

規制で縛るのはもちろんですが、立ち入り検査など強制的な取り締まりを実施することが詐欺行為を抑止することに繋がります。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします

この記事を書いた人:編集部

編集部

ビットコインラボ編集部です。国内・海外における仮想通貨・ブロックチェーンの最新情報をお届けします。

主要仮想通貨

国内人気取引所一覧