仮想通貨の相場は大きく変動する場合がございます。また、レバレッジ取引を行う場合は投資額を上回る損失が生じる可能性がございます。

横浜DeNAベイスターズは、2017年12月に募集開始を行った新たなスポーツ産業の共創を目指す新事業「BAYSTARS Sports Accelerator」(ベイスターズ スポーツ アクセラレータ)の第1期プログラム参加企業として株式会社ギフティを決定し、電子地域通貨サービスの開発を検討することを発表しました。

目次

  • 横浜DeNAベイスターズが電子地域通貨「BAYSTARS coin(仮)」の発行を検討
  • プログラムの概要

横浜DeNAベイスターズが電子地域通貨「BAYSTARS coin(仮)」の発行を検討

横浜DeNAベイスターズは、2017年12月に募集開始を行った新たなスポーツ産業の共創を目指す新事業「BAYSTARS Sports Accelerator」(ベイスターズ スポーツ アクセラレータ)の第1期プログラム参加企業として株式会社ギフティを決定しました。今後、横浜DeNAベイスターズとギフティは、地域経済活性化を目指した電子地域通貨サービスの開発を検討していきます。

プログラムの概要

本プログラムでは、横浜DeNAベイスターズが保有するデータやネットワークを活用し、ギフティが保有する地域通貨ソリューション「Welcome!STAMP」をベースとした電子地域通貨「BAYSTARS coin(仮)」の開発を行い、横浜スタジアムや対象エリアの加盟店で「BAYSTARS coin(仮)」を用いた決済が可能となるサービスを検討していきます。

現金を持ち歩くことなく決済が可能となることで、観戦客などのエンドユーザーの利便性向上に繋げます。さらに、お客様が街に回遊することで対象エリアの加盟店に送客の機会を提案し、地域に根付くエコシステムの構築に取り組みます。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします

この記事を書いた人:編集部

編集部

ビットコインラボ編集部です。国内・海外における仮想通貨・ブロックチェーンの最新情報をお届けします。

主要仮想通貨

国内人気取引所一覧