仮想通貨の相場は大きく変動する場合がございます。また、レバレッジ取引を行う場合は投資額を上回る損失が生じる可能性がございます。

ソフトバンク株式会社と米CloudMinds Technology Inc.は、ブロックチェーンをベースとした高セキュリティーな認証ソリューションを共同開発したことを発表しました。クラウドマインズのブロックチェーンベースの認証ソリューションと、モバイルキャリアの認証プラットフォームを組み合わせたものです。

目次

  • ソフトバンクとクラウドマインズ、 ブロックチェーンベースの認証ソリューションを共同開発
  • 各社のコメント

ソフトバンクとクラウドマインズ、 ブロックチェーンベースの認証ソリューションを共同開発

ソフトバンク株式会社と米CloudMinds Technology Inc.は、ブロックチェーンをベースとした高セキュリティーな認証ソリューションを共同開発したことを発表しました。このソリューションは、クラウドマインズのブロックチェーンベースの認証ソリューションと、モバイルキャリアの認証プラットフォームを組み合わせたものです。

IoTやロボティクス、Fintechなどの領域が急速に発展する中、流通するデバイスが多様化し、サービス認証やネットワーク接続を行う機会が増加するなど、デバイス、ユーザー、サービスを連携して管理することはますます重要になっています。現在、これらを一元的に管理するソリューションはありません。

クラウドマインズのデバイス認証と、モバイルキャリアのユーザー認証を統合した本ソリューションは、モバイルデバイスとユーザーを連携させ、サービス利用時の認証を行うことができます。具体的には、モバイルデバイスの識別子(デバイス固有のID)と所有者情報をブロックチェーン上のIDに関連付けます。これにより、モバイルデバイスの所有者を安全に認証することができるため、ユーザーは、ユーザーIDやパスワードを入力することなくウェブサイト上のさまざまなサービスにログインできるようになります。

Legitimate Proof of Work(LPOW)を使用

今回の共同開発で採用されたクラウドマインズのPermissioned Chain(CMPC)技術は、コンセンサス方式として「Legitimate Proof of Work」(LPOW)を使用しています。これは膨大な計算能力を必要とせずに「51%攻撃」を防止するための特別な仕様です。これらのソリューションはエンタープライズ分野、特に「the Identity of Things(IDoT)」の分野に適しているといいます。

各社のコメント

ソフトバンク IT統括 ITサービス開発本部 本部長 福泉武史氏

「クラウドマインズとの協働により、Fintechサービスなどにおける認証や、IoT機器とサービスの連携管理が大幅に進歩すると確信しています。クラウドマインズの認証ソリューションは、共通のセキュリティーフレームワークに基づいているため、高度なセキュリティーを必要とするさまざまなサービスに利用可能だと考えています」

クラウドマインズのCEO ビル・ファン氏

「今回の共同開発はIDoT基盤の実現に繋がる重要なステップです。IDoTは、ブロックチェーンとCMPCの権限管理スキームが非中央集権型であるという性質を踏まえ、多数のステークホルダーが共同で維持管理しています。単独の企業が独占的に利用することはできず、一つの企業が参加することをやめたとしてもプラットフォームは依然維持されます。私たちは、急速に近づいている自律的な世界に向けて、IDoTが不可欠な要素となると考えています」

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします

この記事を書いた人:編集部

編集部

ビットコインラボ編集部です。国内・海外における仮想通貨・ブロックチェーンの最新情報をお届けします。

主要仮想通貨

国内人気取引所一覧