仮想通貨の相場は大きく変動する場合がございます。また、レバレッジ取引を行う場合は投資額を上回る損失が生じる可能性がございます。

GMOインターネットグループでベンチャー投資・インキュベーション事業を行うGMO VenturePartners株式会社は、グローバル・フィンテック分野へ重点投資するベンチャーキャピタル(VC)ファンド「GMO Global Fintech Fund」を設立し、2018年6月より新規投資を開始します。

目次

  • GMO VenturePartners、グローバル・フィンテック分野へ重点投資するファンド設立
  • 「GMO Global Fintech Fund」設立の経緯

GMO VenturePartners、グローバル・フィンテック分野へ重点投資するファンド設立

GMOインターネットグループでベンチャー投資・インキュベーション事業を行うGMO VenturePartners株式会社は、グローバル・フィンテック分野へ重点投資するベンチャーキャピタル(VC)ファンド「GMO Global Fintech Fund」を設立し、2018年6月より新規投資を開始します。

「GMO Global Fintech Fund」は、GMOフィナンシャルホールディングス株式会社(代表執行役社長:鬼頭 弘泰)および、株式会社マネーフォワード(代表取締役社長CEO 辻 庸介)を戦略パートナーとし、フィンテック事業会社である両社とともに、事業開発面からもスタートアップを支援していきます。

また、第一号投資案件として、インドネシアの急成長後払い決済事業者、FinAccel Pte Ltd(本社:シンガポール)へ出資することが決定しています。

「GMO Global Fintech Fund」設立の経緯

GMO VenturePartnersは、2005年より5本のファンドを運用しており、ファンド総額は約100億円、主力ファンド3本においては、既にファンド元本以上の投資回収を実現しています。これまでに投資先13社がIPOしており、2017年においては株式会社マネーフォワード、2018年においては、本日5月31日(木)にラクスル株式会社がIPO、来る6月19日(火)には、株式会社メルカリが東証マザーズに上場
予定です。

この度GMO VenturePartnersは、既存ファンドの海外投資が完了したことに伴い、今後さらなる革新的なサービスの勃興が予想されるフィンテック分野の投資強化を図るべく、「GMO Global Fintech Fund」を設立しました。当ファンドでは、従来の日本国内や北米に加えて、成長著しいインド・東南アジアへの投資も想定しています。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします

この記事を書いた人:編集部

編集部

ビットコインラボ編集部です。国内・海外における仮想通貨・ブロックチェーンの最新情報をお届けします。

主要仮想通貨

国内人気取引所一覧