仮想通貨の相場は大きく変動する場合がございます。また、レバレッジ取引を行う場合は投資額を上回る損失が生じる可能性がございます。

仮想通貨ウォレットサービスを提供する株式会社Gincoは、モンゴル拠点の子会社「Ginco Mongol」を設立し、ウォレットサービスを提供する会社としては初の試みとなるマイニング事業を開始しました。

目次

  • 仮想通貨ウォレットのGinco、マイニング事業へ進出
  • マイニング事業の詳細

仮想通貨ウォレットのGinco、マイニング事業へ進出

仮想通貨ウォレットサービスを提供する株式会社Gincoは、モンゴル拠点の子会社「Ginco Mongol」を設立し、ウォレットサービスを提供する会社としては初の試みとなるマイニング事業を開始しました。

Gincoはマイニング事業に参入することにより、誰でも気軽にマイニングに参加できる環境を実現します。また、通貨の入手・保管・利用を一元化することでシナジーを生み出し、日本におけるブロックチェーン業界の底上げに貢献していきます。

マイニング事業の詳細

Gincoが立ち上げたモンゴルの現地法人「Ginco Mongol」では、モンゴル地場の協力企業と緊密な連携のもと、国内外で以下のサービスを展開しており、現地ではすでにマシンが稼働しています。

・マイニングマシンの販売
・マイニング設備のハウジング
・マイニングマシンの運用代行

また、マイニング事業の拡大にともなって、Gincoのウォレットを通じて、利用者の皆様が直接マイニングに参加し利益を得る、世界初のクライアント型ウォレット直結のクラウドマイニングサービスの提供を予定しています。クライアント型ウォレット直結のクラウドマイニングは、ご利用希望者がすぐに参加できる気軽なマイニングサービスとなるだけでなく、今後導入が予定されているPoSなどの保有量ベースのコンセンサスアルゴリズムにおいて、競争優位性を発揮するマイニングモデルとなります。

モンゴルでマイニングを行うメリット

電力供給の条件、土地代・人件費、規制環境などがモンゴルでマイニングを行うメリットです。

モンゴルで供給されている電力の定格電圧は、一般で220V、工業用で380Vとなっています。このため、マイニングマシンを稼働させる上では、特殊な工事をしたり、変圧器を導入する必要がありません。モンゴルの電気代は1kWhあたり7円台となっており、日本の2分の1程度です。

モンゴル政府は、ブロックチェーン技術に対して非常に好意的で、比較的自由に事業を展開していくことができます。さらに、TOSという独自通貨を発行することが発表されており、これには、元国会議員なども参画しています。

 

仮想通貨ウォレットGincoの詳細はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします

この記事を書いた人:編集部

編集部

ビットコインラボ編集部です。国内・海外における仮想通貨・ブロックチェーンの最新情報をお届けします。

主要仮想通貨

国内人気取引所一覧