仮想通貨の相場は大きく変動する場合がございます。また、レバレッジ取引を行う場合は投資額を上回る損失が生じる可能性がございます。

株式会社Liquidは、2018年内を目標にハウステンボス株式会社と独自デジタル通貨「テンボスコイン」を共同開発し、ハウステンボスの「キャッシュレステーマパーク」化を推進していくことを発表しました。

目次

  • Liquid、ハウステンボスのキャッシュレス化に向け、分散型台帳ベースの独自通貨を共同開発
  • ハウステンボスは現金の取り扱いをやめる

Liquid、ハウステンボスのキャッシュレス化に向け、分散型台帳ベースの独自通貨を共同開発

株式会社Liquidは、2018年内を目標にハウステンボス株式会社と独自デジタル通貨「テンボスコイン」を共同開発し、ハウステンボスの「キャッシュレステーマパーク」化を推進していくことを発表しました。

Liquidが開発を担当する「テンボスコインシステム」では、これまでに自社で提供してきた決済サービス、PASSによるユーザーウォレットサービスの構築・運用ノウハウや、ブロックチェーンベースのトークン発行の仕組み、LIQUIDレジなどリアル店舗に向けたキャッシュレス決済基盤のノウハウを総動員し、以下を包括的に提供します。

・分散型取引台帳を活用した勘定管理の仕組み
・ハウステンボスの利用者様と店舗の状況を見ながら「テンボスコイン」の流通量を制御する仕組み
・スマホウォレットアプリ、もしくはNFCカードによる利用者様向けの決済手段
・店舗での「テンボスコイン」決済、ATMでの「テンボスコイン」チャージの仕組み

ハウステンボスは現金の取り扱いをやめる

ハウステンボスは2018年中にテンボスコインを導入し、しばらく現金も併用した後、問題なければ来春から園内での現金決済をなくす方針を発表しています。キャッシュレス化はユーザーの利便性だけでなく、現金の管理や輸送業務の手間が省けるため企業としてのメリットも大きいです。現金廃止は思い切った取り組みですが、現金決済が浸透する日本社会でどの程度受け入れられるか注目が集まります。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします

この記事を書いた人:編集部

編集部

ビットコインラボ編集部です。国内・海外における仮想通貨・ブロックチェーンの最新情報をお届けします。

主要仮想通貨

国内人気取引所一覧