仮想通貨の相場は大きく変動する場合がございます。また、レバレッジ取引を行う場合は投資額を上回る損失が生じる可能性がございます。

国税庁は2017年に仮想通貨取引を含めた雑所得の収入が1億円以上だったと申告した人が331人いたと発表しましたが、申告漏れなどの疑いがあれば、税務調査に乗り出す方針であることを読売新聞が報じています。

目次

  • 国税庁、仮想通貨取引の申告漏れなど税務調査へ
  • 申告漏れは多いか

国税庁、仮想通貨取引の申告漏れなど税務調査へ

国税庁は2017年に仮想通貨取引を含めた雑所得の収入が1億円以上だったと申告した人が331人いたと発表しましたが、申告漏れなどの疑いがあれば、税務調査に乗り出す方針であることを読売新聞が報じています。国税当局は投資家らの取引記録などをデータベース化しており、申告漏れを許さない方針のようです。

仮想通貨長者、国税がマーク…申告漏れ許さず

申告漏れは多いか

仮想通貨は2017年の高騰により、いわゆる億り人と呼ばれる多額の利益を上げた方が話題になりました。どの程度存在するか正確な数字はわかりませんが、331人という数はやや少ない印象があり、申告漏れしている方は一定数いると思われます。最大で55%にもなる税率に不満を持つ方も多いわけですが、申告漏れが許されることはありません。基本的に多額の利益を上げている方程調査の対象になっていくので、期限後申告をしておきましょう。早めに自ら申告することで支払うべき税金も減ってきます。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします

この記事を書いた人:編集部

編集部

ビットコインラボ編集部です。国内・海外における仮想通貨・ブロックチェーンの最新情報をお届けします。

主要仮想通貨

国内人気取引所一覧