仮想通貨の相場は大きく変動する場合がございます。また、レバレッジ取引を行う場合は投資額を上回る損失が生じる可能性がございます。

予防ヘルスケア×AI(人工知能)テクノロジーに特化したヘルステックベンチャー株式会社FiNCと、株式会社Blockchain Technologiesは「FiNC」アプリに用いるブロックチェーンプロジェクトを立ち上げ、ユーザーの行動履歴や生体情報の管理、健康状態の指標などをブロックチェーンの技術を使って共同開発します。

目次

  • FiNC、健康状態の指標などをブロックチェーン技術を使って開発
  • 保険商品の提案やトークン発行も

FiNC、健康状態の指標などをブロックチェーン技術を使って開発

予防ヘルスケア×AI(人工知能)テクノロジーに特化したヘルステックベンチャー株式会社FiNCと、株式会社Blockchain Technologiesは「FiNC」アプリに用いるブロックチェーンプロジェクトを立ち上げ、ユーザーの行動履歴や生体情報の管理、健康状態の指標などをブロックチェーンの技術を使って共同開発します。

FiNCはこれまで、AIを活用して、歩数・睡眠・食事等の生活習慣やお悩みなどを分析し、お客様に最適な生活習慣改善アドバイスを提案することで、心身の健康・ライフスタイルをサポートしてきました。今回、Blockchain Technologiesと共同でブロックチェーン技術を活用し、「FiNC」アプリの利便性をさらに高めていく考えです。

保険商品の提案やトークン発行も

日本経済新聞の報道によると、FiNCは健康データなどをブロックチェーン上に保存して複数の医療機関で使える汎用性をもたせ、利用者の健康状態にあわせた保険商品の提案などに生かすといいます。現在の健康情報は病院ごとに管理システムが異なり汎用性がないため、ブロックチェーンに記録すれば適切な健康プログラムを提案できる可能性があるようです。

また、運動など健康につながる行動に報酬としてトークンを与える仕組みで、トークン発行も検討しているようです。

FiNC、「健康情報×分散型台帳」で保険商品

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします

この記事を書いた人:編集部

編集部

ビットコインラボ編集部です。国内・海外における仮想通貨・ブロックチェーンの最新情報をお届けします。

主要仮想通貨

国内人気取引所一覧