仮想通貨の相場は大きく変動する場合がございます。また、レバレッジ取引を行う場合は投資額を上回る損失が生じる可能性がございます。

ブロックチェーン技術の最先端研究開発を行うフレセッツ株式会社は、UTEC4号投資事業有限責任組合及び株式会社セレスを引受先とする、総額3億4,900万円の第三者割当増資を実施しました。

目次

  • ブロックチェーンのフレセッツ、UTECとセレスから約3.5億円を調達
  • UTECとセレスについて

ブロックチェーンのフレセッツ、UTECとセレスから約3.5億円を調達

ブロックチェーン技術の最先端研究開発を行うフレセッツ株式会社は、UTEC4号投資事業有限責任組合及び株式会社セレスを引受先とする、総額3億4,900万円の第三者割当増資を実施しました。今回の資金調達によって、近日公開予定のBitshield®(事業者向けウォレット管理システム(EWM))の完成・充実、エンジニアの採用による開発チームの強化、グローバルなマーケティング活動の強化等に投資する予定です。

Bitshield®(事業者向けウォレット管理システム(EWM))について

フレセッツが開発するEWMは、複数のホットウォレットとコールドウォレットをそれぞれマルチシグで複合利用できる世界初の事業者向けウォレットです。しかも、仮想通貨を安全に管理するための必要条件である秘密鍵の管理について、必ずしも事業者が社内に専門家を抱えなくても、各社の内部統制基準に合わせて業務フローとして導入が可能であるという特徴を備えています。数々の最先端技術を導入することにより(特許申請中)、既存法定通貨と同等レベルの安全性を担保しつつ、可用性・スケーラビリティを確保することを可能としており、近年、仮想通貨取引所におけるハッキングによる仮想通貨流出も頻繁に発生し、高いセキュリティを担保する仮想通貨ウォレットへのニーズが高まっている中、金融事業者が求める高い要求水準を満たすものであると考えています。

UTECとセレスについて

UTECは、2004年創業の東京大学発のベンチャーキャピタルである株式会社東京大学エッジキャピタルを発祥とし、累積で543億円となる4つのファンドの運営を行っています。セレスはポイントサイト「モッピー」などインターネットメディアの企画・開発を主業とし、仮想通貨関連事業にも積極的な企業です。仮想通貨取引所のビットバンクに出資している他、子会社マーキュリーでは仮想通貨取引所運営開始に向けて準備を進めています。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします

この記事を書いた人:編集部

編集部

ビットコインラボ編集部です。国内・海外における仮想通貨・ブロックチェーンの最新情報をお届けします。

主要仮想通貨

国内人気取引所一覧