仮想通貨の相場は大きく変動する場合がございます。また、レバレッジ取引を行う場合は投資額を上回る損失が生じる可能性がございます。

金融庁はbitFlyer、QUOINEX、ビットバンク、BITPoint、BTCBOXの仮想通貨交換業登録業者5社に対し、業務改善命令を週内にも出す方針だと日本経済新聞が伝えています。

目次

  • 金融庁、bitFlyerなど登録事業者に業務改善命令と報道
  • 6月中に処分が出ると伝えられていた

金融庁、bitFlyerなど登録事業者に業務改善命令と報道

金融庁はbitFlyer、QUOINEX、ビットバンク、BITPoint、BTCBOXの仮想通貨交換業登録業者5社に対し、業務改善命令を週内にも出す方針だと日本経済新聞が伝えています。検査の結果、マネーロンダリング対策を含む内部管理体制に不備があると判断したようです。

ZaifとGMOコインは2度目の処分も視野

3月にシステム管理態勢の不備に伴い業務改善命令が出せされたZaifとGMOコインに対しても、2度目の処分を視野に入れていると伝えられています。

仮想通貨、ビットフライヤーなどに改善命令へ 金融庁

6月中に処分が出ると伝えられていた

今回の件はあくまで報道なので、まだ確定したわけではありませんが、以前より登録事業者に対し6月中に業務改善命令が出ると噂されていました。金融庁はコインチェック事件以降、みなし業者中心に検査に入り、複数の事業者に業務改善命令や業務停止命令が出されましたが、みなし業者の検査が終わった後は登録事業者の調査に入っていました。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします

この記事を書いた人:編集部

編集部

ビットコインラボ編集部です。国内・海外における仮想通貨・ブロックチェーンの最新情報をお届けします。

主要仮想通貨

国内人気取引所一覧