仮想通貨の相場は大きく変動する場合がございます。また、レバレッジ取引を行う場合は投資額を上回る損失が生じる可能性がございます。

LINEが開催中のLINE CONFERENCEにおいて、ブロックチェーン技術を使った新たなプロジェクトである「LINE Token Economy」構想を発表しました。具体的な内容は発表されていないものの、ユーザーの貢献に応じてトークンで還元する仕組みを検討しているようです。

目次

  • LINEが「LINE Token Economy」構想を発表
  • LINEのブロックチェーンへの取り組み

LINEが「LINE Token Economy」構想を発表

LINEが開催中のLINE CONFERENCEにおいて、ブロックチェーン技術を使った新たなプロジェクトである「LINE Token Economy」構想を発表しました。具体的な内容は発表されていないものの、ユーザーの貢献に応じてトークンで還元する仕組みを検討しているようです。ゲーム、コマース、シェアリングエコノミー、メディア、エンタメなどの分野で、自分たちのサービスだけでなく、同様のサービスを提供する企業にも開かれたものにします。

大きなトークンエコノミー圏

LINEクラスのユーザー数を誇るプラットフォームであれば、非常に大きなトークンエコノミー圏が形成されるのではないでしょうか。将来的に独自トークンがLINE PAYのように数多くのサービスや店舗などで使用できるようになるかもしれません。

LINEのブロックチェーンへの取り組み

LINEはブロックチェーン関連の取り組みを積極的に行っています。4月には、ブロックチェーン基盤技術およびその応用サービスの研究・開発を行う専門組織として「LINE Blockchain Lab(ラインブロックチェーンラボ)」を設立しています。韓国でも同じく4月にブロックチェーン技術の子会社としてUnblock (アンブロック)を設立しています。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします

この記事を書いた人:編集部

編集部

ビットコインラボ編集部です。国内・海外における仮想通貨・ブロックチェーンの最新情報をお届けします。

主要仮想通貨

国内人気取引所一覧