仮想通貨の相場は大きく変動する場合がございます。また、レバレッジ取引を行う場合は投資額を上回る損失が生じる可能性がございます。

LINE株式会社およびLINEの仮想通貨事業やブロックチェーン関連事業を展開するグループ会社であるLVC株式会社は、両社の傘下であるLINE Tech Plus 株式会社(シンガポール)を通して、日本・米国を除くグローバルにおいて取引可能な仮想通貨取引所「BITBOX」を、2018年7月より提供開始予定と発表しました。

目次

  • LINE、日本・米国を除くグローバルで仮想通貨取引所「BITBOX」を展開へ
  • 日本・米国を除いた全世界を対象、30種類以上の仮想通貨を取り扱い
  • 日本・米国は登録次第か

LINE、日本・米国を除くグローバルで仮想通貨取引所「BITBOX」を展開へ。

LINE株式会社およびLINEの仮想通貨事業やブロックチェーン関連事業を展開するグループ会社であるLVC株式会社は、両社の傘下であるLINE Tech Plus 株式会社(シンガポール)を通して、日本・米国を除くグローバルにおいて取引可能な仮想通貨取引所「BITBOX」を、2018年7月より提供開始予定と発表しました。

日本・米国を除いた全世界を対象、30種類以上の仮想通貨を取り扱い

LINEは金融事業のひとつとして、仮想通貨交換所「BITBOX」をオープンし、日本・米国を除いた全世界を対象にサービスを提供します。取扱予定の仮想通貨は30種類以上を予定しており、日本語を除く計15の言語に対応します。仮想通貨の交換のみを行える取引所であり、法定通貨による仮想通貨の売買は実施できません。

BITBOXの概要

・提供開始:2018年7月中 ※予定

・サービス提供対象国:日本・米国を除いた各国

・対象ユーザー:日本居住者、海外居住の日本人および、米国居住者に対してのサービス提供ではありません。非対象のユーザーは、IPアドレス、電話番号、KYCによって利用を制限。

・対応言語:英語、韓国語など15言語 ※日本語、タイ語は対応しません。

・取扱い予定の仮想通貨:BTC(ビットコイン)、ETH(イーサリアム)、BCH(ビットコインキャッシュ)、LTC(ライトコイン)等、30種類以上を予定。※これらの仮想通貨は、専門家で構成された上場委員会によって厳正な審査にて選定。

・売買時のスプレッド:0.1%。

・オープン記念キャンペーン:オープンから1か月間、「BITBOX」新規ユーザーを対象に、取引手数料が無料となるキャンペーンの実施を予定。

日本・米国は登録次第か

BITBOXは日本・米国を除く全世界が対象の仮想通貨取引所です。日本と米国は登録次第開始するのでしょうか。詳細は分かりませんが、日本ではBITBOXが予定している内容のサービスは難しい可能性が高く、取り扱い仮想通貨などは制限がかかると予想されます。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします

この記事を書いた人:編集部

編集部

ビットコインラボ編集部です。国内・海外における仮想通貨・ブロックチェーンの最新情報をお届けします。

主要仮想通貨

国内人気取引所一覧