仮想通貨の相場は大きく変動する場合がございます。また、レバレッジ取引を行う場合は投資額を上回る損失が生じる可能性がございます。

CoinopsyとDeadCoinsの調査によると、2018年に入り、既に1,000以上の仮想通貨プロジェクトが失敗していることがわかりました。techcrunchが伝えています。

目次

  • 2018年に失敗した仮想通貨プロジェクトは1,000以上
  • 淘汰は必然

2018年に失敗した仮想通貨プロジェクトは1,000以上

CoinopsyとDeadCoinsの調査によると、2018年に入り、既に1,000以上の仮想通貨プロジェクトが失敗していることがわかりました。techcrunchが伝えています。これらのプロジェクトの中には、詐欺や運営元のサポートがなくなったなどさまざまな理由で失敗したプロジェクトが含まれています。

Tousands of cryptocurrency projects are already dead

淘汰は必然

仮想通貨プロジェクトは今や数万種類存在すると言われています。当然これだけの数が利用されるはずもないですし、淘汰されていくのが自然です。ICOは一時期の勢いを失っているようにも見えますが、調達額は前年を大きく上回っており、この傾向が続くのであれば、多くのプロジェクトが誕生し淘汰されるフェーズは続きそうです。

規制動向にも左右

また、規制動向にも左右されるでしょう。日本でのICOは難しい状況にありますが、比較的簡単にできる国もあります。こうした国に規制が入れば、新しいプロジェクトは減っていくでしょう。また、徐々にユーザーの目が肥えてきて、微妙なプロジェクトでは資金が集まらなくなっていくのではないでしょうか。大きなトークンエコノミーを形成するプロジェクトが現れ、新規参入が難しくなっていくケースも考えられます。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします

この記事を書いた人:編集部

編集部

ビットコインラボ編集部です。国内・海外における仮想通貨・ブロックチェーンの最新情報をお届けします。

主要仮想通貨

国内人気取引所一覧