仮想通貨の相場は大きく変動する場合がございます。また、レバレッジ取引を行う場合は投資額を上回る損失が生じる可能性がございます。

7月7日~7月13日までの主要な「仮想通貨・ブロックチェーン」関連のニュースをまとめて紹介します。1週間の出来事を把握するのにお役立てください。

目次

  • シカゴオプション取引所(CBOE)がビットコインETF申請(7/9)
  • 分散型取引所Bancorがハッキング被害(7/10)
  • 金融庁長官が交代(7/10)
  • GunosyとAnypayがブロックチェーン関連の合弁会社設立(7/12)
  • 世界初の分散型銀行にバイナンスが出資(7/13)

シカゴオプション取引所(CBOE)がビットコインETF申請(7/9)

今週最も大きなニュースかもしれません。ビットコイン先物の上場も行っているシカゴオプション取引所(CBOE)がビットコインETFを申請しました。大きな話題になりましたが、あまり買い材料視はされず75万円以上を付けることはありませんでした。ただ、8月10日か9月24日にSECによる判断が下される可能性が高く、再び話題になるでしょう。

分散型取引所Bancorがハッキング被害(7/10)

分散型取引所のBancorでハッキング被害がありました。約24,000ETH(約14億円相当)が盗難されています。コインチェック事件以降も取引所のハッキングは多く、依然としてセキュリティは大きな課題になっています。

金融庁長官が交代(7/10)

金融庁長官の交代人事が発表されました。森信親氏の後任として遠藤俊英氏が就任します。森氏は改革を進めてきた人物であり、この路線が継続されるのか注目が集まっています。日本は仮想通貨取引所に関していち早く規制しましたが、規制の内容やICOなど世界からやや出遅れている感があり、イノベーションを推進する姿勢も重要になりそうです。

GunosyとAnypayがブロックチェーン関連の合弁会社設立(7/12)

ニュースアプリでお馴染みのGunosyとICOコンサルティングなどを展開するAnypayがブロックチェーン関連の合弁会社「LayerX(レイヤーエックス)」の設立に合意しました。トークンのコンサルティングや開発、コード監査などが中心になるようです。また、マイニング事業についても行うとしています。Gunosyの株価はストップ高を記録しました。

世界初の分散型銀行にバイナンスが出資(7/13)

マルタで世界初の分散型銀行であるFounders Bankの設立計画が明らかになりました。世界有数の仮想通貨取引所であるバイナンスも出資していると発表されました。トークン購入者により所有されます。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします

この記事を書いた人:編集部

編集部

ビットコインラボ編集部です。国内・海外における仮想通貨・ブロックチェーンの最新情報をお届けします。

主要仮想通貨

国内人気取引所一覧