仮想通貨の相場は大きく変動する場合がございます。また、レバレッジ取引を行う場合は投資額を上回る損失が生じる可能性がございます。

国税庁は仮想通貨の確定申告を促す環境整備を進める方針を明らかにしたと産経新聞が報道しました。金融庁や仮想通貨関連団体と協力し、仮想通貨の売却などで得た利益や納税額の自動計算、申告方法の簡略化を検討し、適正に納税できるよう後押しする方針です。

目次

  • 仮想通貨の納税。申告方法の簡略化検討
  • 1社ごとに計算する必要

仮想通貨の納税。申告方法の簡略化検討

国税庁は仮想通貨の確定申告を促す環境整備を進める方針を明らかにしたと産経新聞が報道しました。金融庁や仮想通貨関連団体と協力し、仮想通貨の売却などで得た利益や納税額の自動計算、申告方法の簡略化を検討し、適正に納税できるよう後押しする方針です。今後協議を重ね、来年の確定申告に向けて、年内にも具体策を示すと伝えられています。

国税庁、仮想通貨所得の納税促す 申告方法の簡略化検討

1社ごとに計算する必要

仮想通貨は市場が未成熟であり、証券会社でいう年間取引報告書のようなものはありません。年間取引報告書とは、年間の譲渡損益等を集計した報告書で、証券会社が作成・交付します。仮想通貨の場合は、自身で損益を計算する必要があり、複数の取引所を利用している場合は1社ごとに計算するしかありません。頻繁に取引している人ほど計算は煩雑になり、申告しない要因になっているとも言われています。

自動計算が理想

仮想通貨の損益計算の煩雑さから自動で計算してくれるツールなども登場しています。ただ、投資家からすれば外部のサービスを利用することになり、取引所内のシステムで自動計算してくれるのが理想でしょう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします

この記事を書いた人:編集部

編集部

ビットコインラボ編集部です。国内・海外における仮想通貨・ブロックチェーンの最新情報をお届けします。

主要仮想通貨

国内人気取引所一覧