仮想通貨の相場は大きく変動する場合がございます。また、レバレッジ取引を行う場合は投資額を上回る損失が生じる可能性がございます。

株式会社オンデーズは、福利厚生の一環として取り入れた社内仮想通貨システム「STAPA(スタパ)」の法人向けサービスを開始しました。このシステムを導入する企業の従業員は出勤や売上達成などに応じて「マイル」と称される仮想通貨を貯め、 その獲得数に応じて商品や旅行などの景品と交換できます。

目次

  • オンデーズが社内向け仮想通貨発行システム「STAPA」法人向けサービス販売開始
  • STAPAでできること

オンデーズが社内向け仮想通貨発行システム「STAPA」法人向けサービス販売開始

アイウェアの製造販売を手掛ける株式会社オンデーズは、福利厚生の一環として取り入れた社内仮想通貨システム「STAPA(スタパ)」の法人向けサービスを開始しました。このシステムを導入する企業の従業員は出勤や売上達成などに応じて「マイル」と称される仮想通貨を貯め、 その獲得数に応じて商品や旅行などの景品と交換できます。

仕事における様々な場面を通じてマイルが増える楽しさを提供することにより、働く事にエンターテイメント性を追加し、従業員エンゲージメントを向上させることを目的としています。本システムは2018年5月からオンデーズで本格的に運用を始めました。

STAPAでできること

STAPAは、「仕事 + コミュニケーション + ゲーム」でマイルを貯め、社内仮想通貨として利用することができる、新たな福利厚生のシステムです。ゲーム感覚で楽しみながらスタッフのやる気を引き出し、スタッフ同士のコミュニケーションを円滑にします。本システムでは以下の機能によってマイルを貯めることができます。

●「ありがとう」や応援をマイルに載せてスタッフ同士で贈り合う
●会社の関連スポットにチェックイン
●月の売上目標達成でご褒美マイル
●会社への要望や新企画、改善提案などを投稿できるアイデアポスト

累計獲得マイル数と年間獲得マイル数に応じて、ステージがランクアップしていき、そのステージでしか受けられない限定された特典を受けることができます。

マイルで交換できる景品の登録は運営管理画面にて自由に登録ができます。その会社にしかないオリジナル商品を登録することが可能です。

法人向けサービスにおける展望

本サービスの販売は2018年6月から開始しており、すでに2社での導入が決定しています。今後、1年間で小売業を中心に利用者数1万人を目標に事業拡大を図っていきます。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします

この記事を書いた人:編集部

編集部

ビットコインラボ編集部です。国内・海外における仮想通貨・ブロックチェーンの最新情報をお届けします。

主要仮想通貨

国内人気取引所一覧