仮想通貨の相場は大きく変動する場合がございます。また、レバレッジ取引を行う場合は投資額を上回る損失が生じる可能性がございます。

フィスコの子会社であるネクスグループは、岩手県花巻市でマイニング事業を開始することを発表しました。ASIC(特定用途向け集積回路)を利用し、Equihash algorithmに対応したコイン(BitcoinGold、Zcash、ZenCash、Hush など)のマイニングを、マイニングプールを利用して行います。

目次

  • ネクスグループ、岩手県花巻市でマイニング事業を開始
  • 花巻市でマイニング事業を行う意味合い

ネクスグループ、岩手県花巻市でマイニング事業を開始

フィスコの子会社であるネクスグループは、岩手県花巻市でマイニング事業を開始することを発表しました。ネクスグループは親会社である株式会社フィスコ、持分法適用関連会社である株式会社カイカとともに仮想通貨関連ビジネスに注力しており、1月には株式会社フィスコ仮想通貨取引所と業務提携を行い、子会社で AI 思考ルーチンを搭載したソフト「AI 将棋、AI 囲碁、AI 麻雀」などの開発・販売実績がある株式会社イーフロンティアによる仮想通貨向け AI トレーディングシステムの開発に着手し、実証試験運用においてはすでに大きな成果が出ています。

今回ネクスグループは、ASIC(特定用途向け集積回路)を利用し、Equihash algorithmに対応したコイン(BitcoinGold、Zcash、ZenCash、Hush など)のマイニングを、マイニングプールを利用して行います。

花巻市でマイニング事業を行う意味合い

通常マイニング事業を行うために、マイニング機器の発熱を抑えるための、相当数の冷却ファンや
空調設備、またそれらを設置するスペースや稼働させるための膨大な電力が必要とされており、これ
らの問題をいかに効率よく低コストで抑えるかが事業のポイントとされています。岩手県花巻市は寒冷地となり、冬場は氷点下まで気温が下がり、夏場の平均気温も 23.8度(出典:気象庁)と低く、1年を通じてその大部分を自然換気による冷却に頼ることで電気代の大幅な低減が見込めます。また、岩手県における再生可能エネルギーのポテンシャルは全国で2位となっており、特に風力発電、地熱発電では非常に高いポテンシャルを持っております。将来的には、この様な豊富な再生エネルギーを利用した安価な電力調達も視野に入れていく予定です。

もう一点は、マイニング機器により排出される熱を、当社の農業事業 ICT「NCXX FARM」へ活用して
いきます。NCXX FARMでは1年を通してビニールハウスによるミニトマトの栽培を行なっており、冬場は外気が氷点下となるため、24時間ヒーターを稼働しビニールハウス内を野菜の育成に最適な温度
に保っています。マイニング機器も24時間稼働しておりかなりの高熱を発するため、この熱を利用することで冬場の暖房費の削減をおこないます。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします

この記事を書いた人:編集部

編集部

ビットコインラボ編集部です。国内・海外における仮想通貨・ブロックチェーンの最新情報をお届けします。

主要仮想通貨

国内人気取引所一覧