仮想通貨の相場は大きく変動する場合がございます。また、レバレッジ取引を行う場合は投資額を上回る損失が生じる可能性がございます。

株式会社モバイルファクトリーは、ブロックチェーン関連事業の本格化にあたり、株式会社ビットファ クトリーを新たに設⽴することを発表しました。プロジェクト第一弾となる新サービス「Quragé(クラゲ)」のリリースも発表しています。

目次

  • モバイルファクトリーがブロックチェーン事業本格化。子会社を設立
  • 「Uniqys(ユニキス)Project」について

モバイルファクトリーがブロックチェーン事業本格化。子会社を設立

株式会社モバイルファクトリーは、ブロックチェーン関連事業の本格化にあたり、株式会社ビットファ クトリーを新たに設⽴することを発表しました。ブロックチェーン技術の市場規模が⾼まるにつれ、従来の中央集権型のサービスは分散型へと移⾏し、今後分散型アプリケーション(DApps)がより⼀層普及していくものと考えられます。DAppsは、ゲーム事業に留まらず、SNSやシェアリングエコノミーなど、多くのサービスがDAppsに置き換えられていく⼒を秘めていますが、⽇本発のDAppsはまだまだ少 ないのが現状です。

ビットファクトリーでは、そのような次世代のインターネットとも⾔うべき可能性を秘めたDAppsを普及するため、DAppsを⾝近に、そして、容易に開発できる環境を提供すべく「Uniqys(ユニキス)Project」を発⾜。「Uniqys Project」第⼀弾となる新サービス、ウォレット機能付きモバイルDAppsブラウザ「Quragé(クラゲ)」Android版をリリースします。

「Uniqys(ユニキス) Project」について

分散型アプリケーションの普及を⽬指し、⼿軽にDAppsで遊べるモバイルユーザー向けサービス「Quragé」と、⼿軽にDApps開発が可能となるデベロッパー向けサービス「Uniqys Kit」を包括する「Uniqys Network(ユニキス ネットワーク)」を構想中です。

本日、モバイルユーザー向けサービス「Quragé」Android 版をリリースし、その後、デベロッパー向けサービス「Uniqys Kit」のリリースを⽬指しています。

「Quragé(クラゲ)」について

⼿軽で使いやすいウォレット機能付きモバイルDAppsブラウザです。 2018年7⽉25⽇(⽔)にAndroid版をリリース、iOS版は年内リリース予定です。また、DApps紹介メディア「Quragé Magazine」も同⽇リリースしました。

「Uniqys Kit」について

「Uniqys Kit」は「Uniqys Network」上のDApps開発をサポートするツールキットです。デベロッパーが⼿軽にDApps開発ができることを⽬指します。 本⽇、「Uniqys Kit」の開発者向けプレビュー版をGitHubで公開。フィードバックを元に開発を進め、β版を2018年内公開、2019年に正式リリースを予定し ています。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします

この記事を書いた人:編集部

編集部

ビットコインラボ編集部です。国内・海外における仮想通貨・ブロックチェーンの最新情報をお届けします。

主要仮想通貨

国内人気取引所一覧