仮想通貨の相場は大きく変動する場合がございます。また、レバレッジ取引を行う場合は投資額を上回る損失が生じる可能性がございます。

株式会社セレスは、AI×ブロックチェーン技術を用いた全く新しいグルメSNS「シンクロライフ(SynchroLife)」を運営する株式会社GINKANとの資本業務提携を締結し、セレスと個人投資家を引受先とする総額8,000万円の第三者割当増資を引き受けたことを発表しました。

目次

  • セレス、シンクロライフ運営のGINKANと資本業務提携
  • 株式市場上場や事業売却以外でのイグジットが可能

セレス、シンクロライフ運営のGINKANと資本業務提携

株式会社セレスは、AI×ブロックチェーン技術を用いた全く新しいグルメSNS「シンクロライフ(SynchroLife)」を運営する株式会社GINKANとの資本業務提携を締結し、セレスと個人投資家を引受先とする総額8,000万円の第三者割当増資を引き受けたことを発表しました。

GINKANでは、ユーザーがレストランでの食体験をレビューとして投稿できる、グルメ版SNSの「シンクロライフ」を提供しています。AIを活用したレコメンドシステムを搭載しており、ユーザーによるレビューやアプリ活用状況等を独自のアルゴリズムで分析・機械学習を行うことで、使うほどに自分好みの飲食店がおすすめされるアプリとなっております。この特長により、ユーザーは飲食店探しにおいて検索の手間をかけることなく、美味しいお店にだけ出会うことが可能となり、飲食店探しにおいて新たな体験を提供します。

2017年9月にはICO実施

GINKANでは、2017年9月に香港法人SynchroLife, LimitedにてICOを実施しており、ICOで発行したトークン(SynchroCoin)を活用して、良質なレビュー投稿者(レビュアー)がトークンを経済的インセンティブとして受け取れる仕組みの導入しています。今後、トークンをレストランの食事券と交換したり、食事代金の決済で利用したりできる仕組みの導入を予定しており、自律性が高く、成長し続けるプラットフォームの構築が可能となります。

株式市場上場や事業売却以外でのイグジットが可能

今回の資本業務提携では、GINKANの子会社であるSynchroLife, Limitedが発行するトークン(SynchroCoin)への転換権を付与した形での株式の取得を行っています。これにより、トークンへの転換権を行使することで、株式市場への上場や事業売却以外でのイグジットが仕組み上可能となっています。今回のスキームを用いた出資により、ベンチャー企業の多様な資金調達を後押しするとともに、トークンエコノミーの発展に寄与することが出来ると考えているようです。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします

この記事を書いた人:編集部

編集部

ビットコインラボ編集部です。国内・海外における仮想通貨・ブロックチェーンの最新情報をお届けします。

主要仮想通貨

国内人気取引所一覧