仮想通貨の相場は大きく変動する場合がございます。また、レバレッジ取引を行う場合は投資額を上回る損失が生じる可能性がございます。

8月28日に開催された「日中ブロックチェーン交流会」のパネルディスカッションに参加した日本仮想通貨交換業協会(JVCEA)の奥山泰全会長は、自主規制について年内には施行する考えを示しました。

目次

  • 日本仮想通貨交換業協会の自主規制は年内施行か
  • 進展に期待

日本仮想通貨交換業協会の自主規制は年内施行か

8月28日に開催された「日中ブロックチェーン交流会」のパネルディスカッションに参加した日本仮想通貨交換業協会(JVCEA)の奥山泰全会長は、自主規制について年内には施行する考えを示しました。段階的に施行していく考えのようです。このパネルディスカッションには金融庁の水口審議官も参加しており、年内施行はほぼ確実と言えるでしょう。日本仮想通貨交換業協会は、金融庁登録済みの仮想通貨交換業者16社で構成される団体で、2018年8月2日付けで金融庁に対し仮想通貨交換業に係る認定資金決済事業者協会の認定申請書を提出しています。

進展に期待

日本仮想通貨交換業協会の自主規制はセキュリティ、インサイダー取引、広告など多岐に渡ります。投資家保護が第一にあり、これにより投資家も以前より安心して利用ができるのではないでしょうか。また、止まっている新規事業者の登録にも期待が集まります。仮想通貨交換所に限りませんが、現在登録待ち企業は100社超と言われており、登録審査が進むことで市場も盛り上がっていくでしょう。

ただ、仮想通貨交換所とブロックチェーン関連ビジネスを展開したい企業を同じレギュレーションにするのは後者のハードルが高く、もう少し簡易的な仕組みも導入すべきではないでしょうか。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします

この記事を書いた人:編集部

編集部

ビットコインラボ編集部です。国内・海外における仮想通貨・ブロックチェーンの最新情報をお届けします。

主要仮想通貨

国内人気取引所一覧